ReSharperプラグイン

広い意味では、ReSharperが提供しているのはその多彩な機能セットだけではありません。ReSharper APIはインテリジェントなプラグインを開発するための豊富なプラットフォームも提供しています。

ReSharperプラグインは、新しいコードインスペクションとクイックフィックスをご提供し、追加のユニットテストフレームワークをサポートし、特殊用途のリファクタリングを実行し、命名規則を検証し、あらゆる.NET開発者様のお役に立つ、その他多数のタスクを実行できます。

ReSharperプラグインの作成方法

ReSharperプラグインを開発している、あるいは開発をご希望の場合は、ReSharper SDKをダウンロード してからReSharperプラグイン開発ドキュメントをご覧ください。 プラグインが完成したら、そのプラグインをReSharperギャラリーにアップロードし、サポート対象バージョンのReSharperを使っている全ユーザーが利用できるようにしてください。

ReSharperプラグインのインストール方法

バージョン8.0以降のReSharperには、プラグインを発見してその追加情報を取得し、 それらをインストールおよびアンインストールできるExtension Manager(Visual StudioのReSharper | Extension Manager)が搭載されています。

Visual Studio 2010、2012、2013、2015、2017,または2019で作業するReSharper 8.0以降のユーザーは、Extension Managerを使ってプラグインの選択とインストールを行ってください。

ReSharper 7以前をご使用の場合、またはVisual Studio 2005か2008で作業している場合は、手動でプラグインを検索、インストール、アンインストールする必要があります。 古いReSharperプラグインディレクトリに移動し、そこから適切なプラグインを選択してください。