AppCode 2020.3 の新機能

AppCode 2020.3 は、Swift のローカライゼーションサポート、新しいインスペクションとインテンション、SourceKit ベースの Go to Declaration、XCFrameworks のサポート、改善されたリファクタリング、新しいデバッガー機能などを提供しています。

Swift

AppCode 2020.3 は複数の末尾クロージャ構文、複数パターンの catch 句、およびその他の最近行われた Swift 5.3 の変更をサポートしています。

ローカライゼーション

Swift 用の新しいインテンションを使用し、簡単に文字列をローカライズできます。

コード内にあるローカライズ済み文字列の実際の値を確認し、NSLocalizedString ステートメントを簡単に折りたたむことができます。

ローカライゼーションキーに対応した補完、ナビゲーション、Find Usages(使用箇所の検索)を使用できます。

インスペクションとインテンション

新しい Swift のインスペクションを使用し、冗長な self 修飾子を除去できます。

クロージャーの不要な引数リストを発見し、すぐに除去できます。

末尾クロージャーをクロージャー引数に簡単に変換できます(逆変換にも対応)。

⌥Space を使用してクイックフィックスのプレビューを表示できます。

署名の変更

シグネチャーの変更

Objective-C および Swift でメソッド/関数のシグネチャーを自動的に変更する言語横断的な Change Signature (シグネチャーの変更)リファクタリングを利用できます。

関数/メソッドの throw タイプを Change Signature ダイアログで直接変更できます。

デフォルトの引数値と可変個引数パラメーターを正しく更新できます。

名前の変更

名前の変更

Rename(名前の変更)の環境設定をインレイヒント内で変更できます。このリファクタリングを呼び出し、 を押すだけです。

Swift Package Manager

SPM の実行可能ファイルとテストの実行構成が AppCode の UI に表示されるようになりました。

Go to Declaration(宣言に移動)

インデックス作成とキャッシングが完了する前に Swift で Go to Declaration(宣言に移動)を使用できます。

デバッガー

インラインヒントをクリックし、選択した変数を調査できます。

エディターウィンドウから直接新しいウォッチを追加できます。

Variables タブからインラインウォッチを表示できます。

左側のガターでプログラムカウンターの現在位置を設定します。

Code With Me

Code With Me
AppCode 2020.3 は JetBrains の共同開発およびペアプログラミング用の新しいサービスである Code With Me をサポートしています。 Code With Me を使用すると IDE で現在開いているプロジェクトを他のユーザーと共有し、リアルタイムで共同作業を行うことができます。 Code With Me はプラグイン Marketplace(Preferences | Plugins | Marketplace)からすぐにダウンロードできます。 Code With Me の詳細については、これらの記事を参照してください。

バージョン管理

Git ステージ

Git ステージ

AppCode から変更を直接ステージできます。Preferences | Version Control | Git でステージングエリアを有効にすると、Commit ビューで新しい Staged ノードにアクセスできるようになります。 詳細については、このブログ記事を参照してください。

Search Everywhere の Git タブ

Search Everywhere の Git タブ

新しい Git タブの Search Everywhere(どこでも検索)ダイアログでコミットハッシュやメッセージ、タグ、ブランチを検索できます。

XCFrameworks のサポート

XCFrameworks のコードエンティティが適切に解決されるようになりました。

クイック定義

⌥Space を使用して Project ビューから直接ファイルの内容をプレビューできます。