YouTrack 2019.3リリース

Youtrack 2019.3 introduces a Redesigned Issues List, an Issue Activity Feed Widget, New Language Options, New Integrations with VCS, improvements in project lifecycle management, and other enhancements.


機能

再設計された課題リスト

再設計された課題リスト

改良された新しい課題リストを紹介します。 パフォーマンスと外観の両面において重要な機能強化が行われました。 ダークモードに切り替え、便利なサイドバーとツールバーを使用し、課題リストに表示するフィールドを選択し、アクションを使用してすべての課題を同時に選択および適用できるようになりました。

MarkdownでのHTMLサポート

MarkdownでのHTMLサポート

Markdownの実装を拡張し、HTMLマークアップに対応させました。 折りたたみ可能なブロック、カスタムテキスト色、テーブルセルの改行などを利用して課題の説明、コメント、テキストフィールドを強化できます。

課題アクティビティフィードウィジェット

課題アクティビティフィードウィジェット

さまざまな定義済みイベントカテゴリの課題に関するアクティビティの流れを表示できるようになりました。 ダッシュボードのウィジェットを設定し、さまざまなプロジェクトで更新を追跡したり、特定ユーザーが適用した変更を監視できます。

バージョン管理システムとの新しい統合

バージョン管理システムとの新しい統合

YouTrackプロジェクトをBitbucket Server、GogsまたはGitesのインストール環境でホストされているリポジトリにリンクできるようになりました。

新しい言語オプション

新しい言語オプション

コミュニティベースのローカライゼーションでサポートされている追加言語を選択できるようになりました。 YouTrackを簡体字中国語、ヘブライ語、ハンガリー語、韓国語で利用できます。 この言語オプションは全体的に、またはユーザーごとに設定できます。

しかし、他にも未対応言語が多数存在します。 ローカライゼーション作業への参加は大歓迎です。ローカライゼーションにご協力いただくことで、当コミュニティを大きく支援することができます。

更新と機能強化

レポートのナビゲーションを改善

レポートのナビゲーションを改善

Reports(レポート)ページでは、すべてのお気に入りレポートにワンクリックでアクセスし、使用していないレポートを非表示にできる最新のサイドバーを提供しています。

かんばんボードに新しい課題オプションを自動追加

かんばんボードに新しい課題オプションを自動追加

新しい課題を自動的に追加するオプションを、スプリントを使用しないアジャイルボードで使用できるようになりました。 これにより、かんばんの流れに従うチームが一箇所ですべての課題を管理できるようになります。

簡単な書式設定と添付ファイルの操作

コードブロックの書式設定を改善

Markdownで囲まれたコードブロックの外観を改善しました。 指定された言語のコードブロックには、該当コードの言語タグと行番号が表示されます。 テキストとして指定されたブロックは、シンタックスハイライトなしで等幅フォントで表示されます。

Markdownでの添付ファイルへのリンク

課題に添付されたファイルに直接リンクを追加できます。 他のユーザーにどの添付ファイルを話題にしているのかを推測させるのではなく、添付ファイルを直接指し示すことができます。

事前認証済みの課題の添付ファイルURL

添付ファイルのURLを発行するトークン検証を追加しました。 課題に添付されているファイルを、URLをコピーしたユーザーに代わって共有できるようになりました。

プロジェクトライフサイクルの管理

プロジェクトの履歴ID

プロジェクトが進化し、成長しても、プロジェクトへの外部リンクを壊すことなくプロジェクトIDを自由に変更できます。 YouTrackが、以前はプロジェクトで課題IDプレフィックスとして使用されていたIDのコレクションを保存するようになりました。 プロジェクトでIDを変更すると、プロジェクト内の課題IDも更新されます。 プロジェクトの履歴IDを使用する課題への外部リンクは、現在のプロジェクトIDを使用する課題にリダイレクトされます。

カスタムフィールドでアーカイブ済みの値に対する拡張サポート

データをバージョンとして保存するフィールドの値をアーカイブするオプションが、列挙型を保存する追加フィールドの値まで拡張されました。 大量の課題に不要な更新を適用することなく、使用する必要がなくなった値を廃止できます。

その他の改善

TeamCityを統合するためのトークンベース認証

TeamCityとの統合設定で、ユーザー名とパスワードの代わりに認証用のトークンを設定できるようになりました。 今後は統合設定に個人のパスワードを保存する必要がなくなり、統合を中断することなく自由にパスワードを更新することができます。

他のユーザー用の永続トークン生成

十分な権限を持つユーザーが、YouTrackでより低いレベルの権限を持つユーザーの代わりに永続トークンを生成できるようになりました。 接続の際に第二認証要素が必要な場合でも、サードパーティの統合に対応したログインを認証します。

Java 11のサポート

YouTrackがJava SE 11に対応し、Java 8の利用を廃止しました。