.NETユニットテストランナーとコードカバレッジツール
ダウンロード
無料30日間体験版
機能

.NET
コードカバレッジの解析

JetBrainsのdotCoverはVisual Studioと JetBrains Riderと統合する.NETユニットテストランナー兼 コードカバレッジツールです。

ユニットテストがどの範囲のコードに対応しているかを 把握しましょう。 dotCoverは、.NET Framework.NET Core、またはMonoを対象とするアプリケーションでステートメントレベルのコードカバレッジを計算して報告します。

ユニットテスト

ユニットテストの実行やデバッグ、 および、Visual Studioまたはコマンドラインユーティリティーを使ったユニットテストの カバレッジ解析実行ができます。 dotCoverは、MSTestや、NUnit、xUnit、およびMSpecなど多数のユニットテストフレームワークに対応しております。

ユニットテスト

手動テストセッション

手動テストセッションにおいて、dotCoverは、 セッション中にコードのどの部分が呼び出しされたのか、 そしてどの部分まで至らなかったのかを表示します。 カバレッジ解析データを使用すると、 テスト済みアプリケーションのソースコードに 簡単にアクセスできます。

手動テストセッション
ホットスポットビュー

ホットスポットの検出

ホットスポットビューを使用して、危険そうな領域を一目で検出できます。このビューには、カバレッジの範囲が最も狭く、最も複雑なメソッドが表示されます。 直感的なグラフィカル表示で カバレッジ解析をうまく始めることが できます。

Visual Studioとのスムーズな統合

Visual Studio JetBrains Riderとのスムーズな統合

dotCoverは、Visual StudioとJetBrains Riderと統合しており、コードエディタを 離れることなくコードカバレッジを 解析し視覚化できます。 dotCoverは、 Visual Studio 2010 — 2017とJetBrains Rider 2018.2以降に対応しております。

継続的テスト

dotCoverは、どのユニットテストが最新のコード変更の影響を受けているのかを即座に把握し、 影響を受けたテストを自動的に再実行できます。

継続的テストモードは、どのユニットテスセッションでもオンにすることができます。 こうすると、どのテストを継続的に実行するか、どのテストを 従来の方法で実行するかを選択できます。

継続的テスト
メリット

dotCoverを選ぶ理由

カバレッジの強調表示

dotCoverでは、便利性のためコードカバレッジを 視覚化できます。 特定のカバレッジセッションにおいての、テストが対応しているか/対応していないかの強調表示されたステートメントを、直接Visual Studioで確認できます。

継続的カバレッジの解析

dotCoverでは、継続的インテグレーションサーバー用のコンソールユーティリティーを提供しております。 さらに、dotCoverの無料サーバーサイドバージョンが TeamCityに組み込まれています。

ノードのフィルタリングと除外

カバレッジフィルタでカバレッジ解析を カスタマイズできます。 カバレッジスナップショットから特定の項目を除外すると、 dotCoverは即時にカバレッジ統計を 再計算します。

カバレッジテストへのナビゲーション

特定のステートメントに対応しているユニットテストを検出するにはショートカットをご利用いただけます。 Visual Studioのポップアップには、対応しているテストの一覧が表示され、 それぞれに移動できます。

ReSharper Ultimateの一部

ReSharper Ultimate:
.NETのツール一式とReSharper C++を1つのライセンスで提供します

ReSharper Ultimateは、個々のJetBrains .NETツールとReSharper C++を組み合わせたライセンスです。

各ReSharper Ultimateライセンスでは、一人の開発者がReSharper、ReSharper C++、dotCover、dotTrace、およびdotMemoryを利用することができます。

カスタマー
エクスペリエンス

世界中に開発者チームにdotCoverをご利用いただいています。
その一人になりませんか?

ダウンロード
無料30日間体験版