dotMemoryの新機能

このページでは、dotMemoryとdotMemory Unitの最近のリリースでの更新内容をご案内します。 注目すべき更新には、コマンドラインのプロファイリングツール、.NET Coreアプリケーションのサポート、メモリダンプ解析などが挙げられます。

dotMemoryをダウンロード

実質使用期間5日間の無料トライアル

MacOS および Linux のコマンドラインプロファイラ

MacOS および Linux のコマンドラインプロファイラ 2020.2

コマンドラインプロファイラがついに macOS と Linux に対応しました。 dotMemory.sh が Windows 版とほぼ同等の機能を提供し、.tar.gz アーカイブおよび NuGet パッケージとして配布されています。

ARM64 アーキテクチャのサポート

ARM64 アーキテクチャのサポート 2020.2

Linux(GLIBC_2.23 以降を含むすべてのディストリビューション)用の dotMemory コマンドラインプロファイラーが ARM64 システム上でアプリケーションをプロファイリングできるようになりました。

ピン留めされたオブジェクトの表示

ピン留めされたオブジェクトの表示 2020.2

ピン留めされたオブジェクトを単独のオブジェクトセットとして開けるようになりました。

到達不可能なオブジェクトの表示

到達不可能なオブジェクトの表示 2020.2

GC ルートから到達不可能なオブジェクトを単独のオブジェクトセットとして開けるようになりました。

さまざまな改善

さまざまな改善 2020.1

このリリースでは、バグ修正と安定性の改善に焦点が当てられました。

dotMemory 2019.3におけるさまざまな改善

さまざまな改善 2019.3

dotMemory 2019.3では多数の改善が行われています。

  • 新しい自己プロファイリングAPI(アプリケーションが自らプロファイリングセッションを初期化して開始できるようにするAPI)がはるかに使いやすくなりました。 このセルフプロファイリングAPIはNuGetパッケージとして配布されています。
  • 特定オブジェクトインスタンスに関する情報をファイル(.json、.bson、.txt、.hex)にエクスポートできます。
  • オブジェクトインスタンスの仮想メモリアドレスを確認できます。

コンソールプロファイラの改善 2019.2

dotMemory 2019.2ではリモートプロファイリングのサポートを廃止しました。 適切な代替機能を提供するため、dotMemoryのコンソールプロファイラを以下のように大幅に改良しました。

  • コンソールプロファイラは、.NET Coreアプリケーション、IIS Express上で動作するアプリケーション、およびWindowsサービスその他を含むあらゆる種類のアプリケーションをプロファイリングするコマンドを受け付けます。
  • --trigger-on-activation引数を使用すると、これが可能になった後にメモリのスナップショットを取得できるようになります。 この機能は、基準となるスナップショットを取得して比較に使用したい場合に便利です。
dotMemoryをダウンロード

実質使用期間5日間の無料トライアル