有能かつ人間工学に基づいたJVM向けIDE

機能

Javaコーディングに
プロの生産性と楽しさを

IntelliJ IDEA のすべての機能は、開発者の生産性を最大限に引き出すことを目的としています。

パワフルな静的コード解析と人間工学に基づいたデザインにより、開発者は生産性の向上だけではなく、開発の楽しさも体感できるでしょう。

ツアーに参加

最もインテリジェントな IDE

IntelliJ IDEAは、ソースコードを解析し、迅速かつ巧妙なコード補完、オンザフライのコード分析、信頼性の高いリファクタリングツールなど、それぞれのコンテキストに適した候補で、驚くほど速くてインテリジェントなエクスペリエンスを提供します。

すぐに使える実用性

統合されたバージョン管理システム、さまざまな言語のサポートやフレームワークなどのミッションクリティカルなツールが最初から利用可能です— プラグインのセットアップで時間を浪費する必要はありません。

スマートなコード補完

ベーシックな補完が、特定のスコープ内のクラス名、メソッド、フィールド、およびキーワードをサジェストする一方で、スマートな補完はコンテキストに合わせた候補をサジェストします。

フレームワーク固有のコーディング支援

IntelliJ IDEAはJava用のIDEですが、同時に、SQL、JPQL、HTML、JavaScriptなどの他の言語も理解して、コーディングを支援します。Java コード内で文字列リテラルとして挿入された言語構文にも対応します。

生産性の向上

IDEはニーズを予測し、単調な繰り返しな開発タスクを自動化するため、開発者は全体像に集中することができます。

開発者のための人間工学

JetBrainsは、製品の設計と実装の決定において、開発者のフロー状態を中断するリスクを排除または最小化するために最善を尽くしています。

IDEはあなたのコンテキストに応じて、対応するツールを自動的に提示します。

あらゆる面でスマート

IntelliJ IDEAののコーディング支援は、エディタだけではなく、他の部分を処理する際にも生産性維持に役立ちます。例:フィールドを埋める、リストの要素にわたる検索、ツールウィンドウにアクセス、設定用にトグリング、など。

ビルトインツールと
サポートされているフレームワーク

ビルトイン
ツール

  • ビルドツール
  • バージョン管理
  • デコンパイラ
  • カバレッジ
  • データベースツール/SQL

JVM言語

  • Java
  • Scala
  • Groovy
  • Kotlin

エンタープライズ
フレームワーク

  • Spring
  • Java EE
  • JBoss
  • Play
  • Grails
  • アプリサーバー/クラウド

モバイル開発

  • Android
  • React Native
  • Cordova
  • Ionic

ウェブ開発

  • JavaScript
  • TypeScript
  • HTMLとCSS
  • Node.js
  • Angular
  • React
  • Vue.js

新機能

パフォーマンス強化

IntelliJ IDEA 2019.3では起動の高速化、UIの応答性向上などが行われ、大幅なパフォーマンス改善によるメリットを得ることができます。

ユーザビリティの改善

VCSのワークフローが簡略化され、テーマやキーマッププラグインをIDEを再起動することなくインストールできるようになり、インポートされたMavenプロジェクトやsbtプロジェクトが自動セットアップされるようになりました。

マイクロサービスフレームワークのサポート

Micronaut、Quarkus、Helidonに対応した完全なコーディング支援、ナビゲーション、インスペクション、その他の機能をご利用いただけます。

用途に合うエディションを
選択してください
ライセンス形態 有償 オープンソース、Apache 2.0?
Java、Kotlin、Groovy、Scala
Android ?
Maven、Gradle、SBT
Git、SVN、Mercurial
Perforce
JavaScript、TypeScript ?
Java EE、Spring、Play、Grails、その他のフレームワーク
データベースツール、SQL
重複データの検出 ?
エディションの比較
無料、オープンソース