開発作業を楽しく快適に

コードを詳細に解析

IntelliJ IDEAはコードを解析し、プロジェクト内の全ファイルや言語間でシンボル同士の関係を見つけます。 この情報を使用して強力なコーディング支援、クイックナビゲーション、高度なエラー解析、ならびにリファクタリングなどの機能を提供しています。

スマート補完

Ctrl+Shift+Space を押すと、現在のコンテキストに適した最も関連性の高いシンボルの一覧が表示されます。 この機能や他の補完機能は常に作業内容から学習しており、最も使用頻度が高いクラスやパッケージの要素を入力候補リストの一番上に表示し、素早く選択できるようにしています。

チェーン補完

スマート補完よりもやや詳細に掘り下げ、現在のコンテキスト内のメソッドやゲッターからアクセス可能な関連シンボルを一覧で表示します。 例えば、Projectの値を求めていて、moduleモジュールの宣言部だけがあるとしましょう。 Ctrl+Shift+Space を2回押すと、それ以上労力をかけることなく module.getProject() を取得できます。

静的メンバーの補完

静的メソッドや定数を使いやすくします。 入力内容に沿ったシンボルを一覧で表示し、必要なimport文を自動的に追加します。

データフロー解析

IntelliJ IDEAは補完候補を表示する際、データフローを解析して適当な実行時のシンボルタイプを推測し、その情報を元に選択肢の精度を高め、自動的にクラスキャストを追加します。

言語インジェクション

選択した言語のコーディング支援を別の言語の式や文字列リテラルで提供します。通常のコード補完と同じメリットをすべて備えています。 例えば、SQL、XPath、HTML、CSS、JavaScriptコードの一部をJavaの文字列リテラルに挿入できます。

言語横断的なリファクタリング

IntelliJ IDEAはシンボルの使用箇所をすべて把握し、非常に効率の良い徹底的なリファクタリングを実現します。 例えば、JPAステートメント内のクラス名を変更する場合、JPAエンティティクラスから、該当クラスが使用されている各JPA式まですべてを更新します。

重複検出

重複したコードの一部をその場で検索します。 変数、定数、あるいはメソッドのみを抽出したい場合でも、IntelliJ IDEAは入力中の内容と置換できる似たようなコードの断片があることを通知します。

インスペクションとクイックフィックス

IntelliJ IDEAはあなたが入力ミスをする可能性があることを発見し、小さな電球をエディタにポップアップ表示します。 その電球をクリックするか、Alt+Enterを押すと、ミスを修正するためのアクションが一覧で表示されます。

開発者のための人間工学

IntelliJ IDEAのすべての機能は、人間工学を考慮して設計されています。 IntelliJ IDEAは開発者がフロー状態でコーディングできるよう、集中力を阻害する物や状況を除外し、快適にコーディングできるようデザインされています。

エディタ主体の環境

作業時間の大部分で画面に表示されるのはエディタ(およびコード)だけであるため、コーディングに無関係な作業を行うためにエディタから離れる必要はございません。

簡易ポップアップは、作業中の画面から離れずに補足情報を確認するのに役立ちます。 Ctrl+Shift+Iを押すと、キャレット位置にあるシンボルの定義を表示できます。

コードを生成するのに複雑なウィザードを使ったり、大量のフォームに入力したりする必要はありません。

ショートカットで全操作を実行可能

IntelliJ IDEAでは、ほぼすべての操作に専用のキーボードショートカットが割り当てられています。これにはツールウィンドウとエディタ間の素早い選択や切り替えも含まれます。

ショートカットを使ってツールウィンドウに入力フォーカスを移動できるため、作業中の画面ですべてのキーボードコマンドを使用できます。 エディタに戻る必要があれば、Escを押してください。

Projectツールウィンドウを使用する際は、既存のアイテム間を移動できるだけでなく、 Alt+Insを押すだけで新しいアイテムを作成することもできます。

人間工学に基づいたユーザーインターフェース

IntelliJ IDEAのすべてのリスト、ツリー表示、ポップアップを使うと入力中のテキストを含むアイテムセットを素早く検索し、見つけることができます。

IDEの操作一発で、最も期待している結果を得られるはずです。 他の結果も必要ですか? もう一度ショートカットを押せば、IDEが必要なものをさらに掘り下げて検索します。

インラインデバッガ

コードをデバッグする際、IntelliJ IDEAではソースコード内で変数が使用されている箇所ですぐに変数の値を表示できます。

変数にマウスを移動したり、DebugツールウィンドウのVariablesペインに切り替えたりする必要もありません。

変数の値が変わった場合、IDEはそれを違う色でハイライトしてコード全体で起きた状態変化をわかりやすくします。

ビルトイン開発者向けツール

ワークフローの無駄を排除するため、IntelliJ IDEAは、最初からIDE上で使えるデコンパイラ、バイトコードビューア、FTP、その他多数の機能を備えた最高のツールセットを提供しています。

バージョン管理

IntelliJ IDEAはGit、SVN、Mercurial、CVS、Perforce、TFSなどの主なバージョン管理システムに対応した統合インターフェースを提供しています。 IDE上で変更履歴の閲覧、ブランチの管理、競合の解決などを行えます。

ビルドツール

IntelliJ IDEAは、Maven、Gradle、Ant、Gant、SBT、NPM、Webpack、Grunt、Gulpおよびその他のビルドツールをサポートしております。 これらのツールをシームレスに統合し、自動補完、パッケージング、テストの実行、デプロイおよびその他の作業を支援しています。

テストランナーとカバレッジ

IntelliJ IDEAではユニットテストを簡単に実行できます。 IDE自体に、JUnit、TestNG、Spock、Cucumber、ScalaTest、spec2、Karmaなどの主なテストフレームワークに対応したテストランナーやカバレッジツールを備えています。

デコンパイラ

IntelliJ IDEAにはJavaクラス用のデコンパイラが搭載されています。 ソースコードのないライブラリであっても、サードパーティ製のプラグインを使わずに中を調査することができます。

ターミナル

IDEにはビルトインターミナルが備わっています。 ご利用のプラットフォームに応じて、コマンドラインプロンプト、Far、PowerShell、Bashを使って作業できます。 Alt+F12でターミナルを起動し、IDEを離れることなく任意のコマンドを実行できます。

データベースツール

SQLを編集する際にはインテリジェントなコーディング支援を活用してください。IDEから直接データベースへの接続、クエリの実行、データの閲覧やエクスポートを実行できますし、視認性の高いインターフェースでスキーマを管理することもできます。

詳細情報

アプリケーションサーバー

IntelliJ IDEAはTomcat、JBoss、WebSphere、WebLogic、Glassfishおよびその他多数の主要アプリケーションサーバーをサポートしています。

IDE内から直接アーティファクトをアプリケーションサーバーにデプロイし、デプロイしたアプリケーションをデバッグできます。

詳細情報

Docker

個別のプラグインを使用し、IntelliJ IDEAで専用のツールウィンドウを使ってローカル実行中のDockerマシンに接続し、イメージやコンテナ、およびDocker Composeサービスを管理できます。

詳細情報

多言語対応

Javaのほか、IntelliJ IDEAは主要なJVMおよびJVM以外のフレームワークや言語に対して、最初から最高水準のサポートを提供しています。

主要フレームワークに対する最高水準のサポート

IntelliJ IDEAは、最も一般的なサーバーサイドとフロントエンドのフレームワークをサポートしております。

SpringJava EEGrailsPlayAndroidGWTVaadinThymeleafReactAngularJSおよびその他のフレームワーク向けに拡張されたコーディング支援を活用してください。

一つのIDEで多言語に対応可能

IntelliJ IDEAはJava用のIDEですが、GroovyKotlinScalaJavaScriptTypeScriptSQLなどのその他多数の言語も理解します。

IntelliJ IDEAはそのままでお使いいただけるソリューションですが、機能を拡張したい場合は豊かなプラグインエコシステムをご利用ください。

エディションを選択してください

ライセンス形態 有償 オープンソース、Apache 2.0?
Java、Kotlin、Groovy、Scala
Android ?
Maven、Gradle、SBT
Git、SVN、Mercurial
Perforce
JavaScript、TypeScript ?
Java EE、Spring、Play、Grails、その他のフレームワーク
データベースツール、SQL
重複データの検出 ?
エディションの比較
無料、オープンソース