.NET開発者向けVisual Studio拡張機能
ダウンロード
無料30日間体験版
ReSharperを選ぶ理由

ReSharperのVisual Studioユーザー向け支援機能

コード品質の解析

C#、VB.NET、XAML、ASP.NET、ASP.NET MVC、JavaScript、TypeScript、CSS、 HTML、XMLに対し、その場でコード品質解析を実行できます。 コードの改善が必要かどうかをすぐに把握できます。

エラーやコードの臭いを排除

ReSharperはコード内の問題を警告するだけではなく、それらの問題を自動的に解決する多数の クイックフィックスを 提供します。 ほとんどの場合、豊富なオプションの中から最適なクイックフィックスを選択できます。

コードベースの安全な変更

ソリューション全体に自動的にコードリファクタリングを適用し、コードベースを安全に変更できます。 古いコードの再活用やプロジェクト構造の整理が必要な場合は ReSharperにお任せください。

ソリューション全体を素早く横断

ソリューション全体を瞬時に移動して検索できます。 任意のファイル、型、型メンバーにジャンプしたり、特定のシンボルからその使用箇所、基本シンボルや派生シンボル、あるいは実装に移動したりできます。

コード編集ヘルパーを利用可能

複数のコード編集ヘルパーには、拡張IntelliSense、多数の即時コード変換、名前空間の自動インポート、コードの再配置やドキュメントの表示などが含まれています。

コーディング標準への準拠

コードスタイルとフォーマット機能に 微調整や言語固有の設定を行うことで、未使用のコードを削除し、チーム内で 共通の コーディング標準を作成できます。

ReSharperはVisual Studioをより良いIDEに強化します

コード解析

ReSharperは、Visual StudioをC#、VB.NET、ASP.NET、JavaScript、 TypeScriptおよびその他の技術に対応した 2200以上のオンザフライコード インスペクションにより拡張します。 ReSharperは ほとんどのインスペクションに対して、コードを改善するための クイックフィックス(電球)を提供しています。

未使用のコードを検索して削除したいですか? 現在のコードをC# 7に移行したいですか? ループ文を自由自在にLINQに 変換したいですか? 潜在的な例外を検出して予防したいですか? 共通の命名規則を使いたいですか? ReSharperの コード解析を使えば、これらすべてとその他のコード改善を実行することができます。

ReSharperでの.NETコード解析

リファクタリング

60以上のリファクタリング450以上のコンテキストアクションを 使えば、 コードを整理してソリューション内を自在に移動し、 責任を分担し、コードを分離し、複雑さを軽減することが できます。あるいは単純に別の言語構文を使うことも できます。

ナビゲーションと検索

ReSharperではソリューションの規模を問わず、瞬時にソリューション内の任意のコードに到達 できます。 また、指定インターフェースの 実装やクラスの拡張機能メソッド、 あるいはフィールドの使用箇所など、任意のシンボルからその関連コードに移動する こともできます。

ReSharperでのリファクタリングとナビゲーション
ReSharperでのコードフォーマットとクリーンアップ

コードフォーマットとクリーンアップ

自分の好みや所属チームの標準に 従って設定を行い、コードスタイルを適用できます。 C#、VB.NET、ASP.NET、JavaScript、TypeScript、および他の言語のコードスタイルやフォーマット設定は、選択範囲からソリューションまで任意の範囲に適用できます。

コード生成

ReSharperはたくさんのコードを作成することができます。 新規ファイルやクラスからの条件ブロックやGUIDの作成、 実装中にインターフェースに必要なメソッドやプロパティからの 等価チェックやメンバーのフォーマットの作成などを 行えます。

ReSharperでのコード生成
ReSharper Ultimateの一部

ReSharper Ultimate:
.NETのツール一式とReSharper C++を1つのライセンスで提供します

ReSharper Ultimateは、個々のJetBrains .NETツールとReSharper C++を組み合わせたライセンスです。

各ReSharper Ultimateライセンスでは、一人の開発者がReSharper、ReSharper C++、dotCover、dotTrace、およびdotMemoryを利用することができます。

新着情報

ReSharper 2019.3にアップグレードすべき理由

Localization Manager(ローカライゼーションマネージャー)

Localization Manager(ローカライゼーションマネージャー)

新しいLocalization Manager(ローカライゼーションマネージャー)はソリューション内の大量の.resxファイルを効率よく処理するのに役立ちます。 .resxファイル内のすべてを1つのグリッド内に表示しますので、アプリケーションやウェブサイトの最新のローカライゼーション状況を監視してカルチャ内に不足しているリソース値を素早く見つけることができます。

C# 8サポートのさらなる改善

C# 8サポートのさらなる改善

新しいReSharperでは、C# 8の処理がさらに改善されています。 notnull制約への対応を含むnull許容参照型の理解が強化され、ターゲットの型を指定したswitch式に対応し、デフォルトインターフェースメソッドの早期対応を行っています。

クロスプラットフォーム対応のReSharperコマンドラインツール

クロスプラットフォーム対応のReSharperコマンドラインツール

今回のリリースでは、ReSharperコマンドラインツールがLinuxとmacOSに対応しました! これからは、Windows以外のOSでも思いのままに強力なReSharperのコード解析機能をご利用いただけます。

お客様の声

15万人以上のお客様が
利用しています

Forbes 500リストの上位100社のうち65社様に、JetBrains.NET開発者ツールをご使用いただいております。

ダウンロード
無料30日間体験版
Joshua Kerievsky
Joshua Kerievsky、Industrial Logic創設者
ReSharperを大変気に入っています。 ReSharperのコード補完機能は、より優れたC#/VB.NETコードを書くのに日々役立っています。
Peter Kellner
大変気に入っているとしか言えません。 ReSharperをお使いでなければ、今すぐ作業を中断してReSharperを買いに行きましょう!
Peter Kellner、コンサルタント
73rd Street Associates
Jaco Pretorius
ReSharperは素晴らしいツールです。 ReSharperをお使いの方なら分かっていただけるはずです。もしお使いでなければ、ぜひ使うべきです。 生産性が信じられないくらい向上します。
Jaco Pretorius、テクニカルリード
ThoughtWorks
David Starr
David Starr(Healthwiseチーフソフトウェアアーキテクト)
究極のアジャイルツールとは、ReSharperのことです。 リファクタリングがとにかく非常に簡単なため、変更を恐れる必要はありません。