Riderの新機能

Xamarinのサポート

.ipaファイルをiOS端末に公開し、Xamarin iOSプロジェクトのプロビジョニングプロファイルを管理できます。


UIの強化

エディタのUIとデバッガのタブ、およびコード補完ポップアップがより分かりやすく、一貫性のあるものになりました。


高度なUnityのサポート

継続的に改善を行っています。

新しいデバッガの改善点

デバッグ中にキー変数にスターを付ける新しい方法が導入され、Run toおよびJump to Statementアクション用のフローティングアイコンがコードエディタ内に直接表示されるようになりました。


C# サポートの強化

ReSharperにより、Rider 2019.2は新しい言語機能をサポートします。


ソリューションエクスプローラーの更新

ソリューションフォルダの名前を変更できるようになりました。

Windows Formsデザイナー

サードパーティ製コントロールと32ビットコントロールの両方がサポートされています。


Code VisionがF#で機能するようになりました

この機能は、関数、値、メンバーの型推論、および宣言のVCS作者をコードエディタに直接表示します。


コードの再配置

ファイルレイアウトのパターンをRiderで直接XAMLビューから変更できます。

Monoのコードカバレッジ

Linux、macOS、Windows上のアプリケーションとユニットテスト。


ローカルな変更からのコミット

もうCommitダイアログを個別に開く必要はありません。


「ASP.NETコードビハインドファイル」ジェネレータ

.aspxファイルに新しいコントロールを追加する際、ジェネレータが対応する .designer.cs ファイルを生成します。

機能

コード解析

Riderは、2,200種類以上のライブコードインスペクションと、検出された問題を個別または一括で解決する自動クイックフィックスを備えています。 ソリューション全体のエラー解析は、コードの問題を監視し、現在開いていないファイルであっても、問題が発生した場合に通知します。

コード編集

Riderのリッチなエディタにはさまざまな種類のコード補完とコードテンプレート、自動挿入マッチング中括弧とインポートディレクティブ、クイック情報ツールチップと継承情報ナビゲーション用のガターアイコン、コンテキストアクションなどが用意されています。

リファクタリング

ReSharperの60+のリファクタリングのほとんどはすでにRiderでご利用いただけます。また、その450+のコンテキストアクションがすべてそこにございます。 Rename(名前変更)、メソッドの抽出、インタフェース、クラスの抽出、型の移動とコピー、代替構文の使用など、さまざまなものがございます! 

ユニットテストランナー

Riderは、NUnit、xUnit.net、MSTestベースのユニットテストを実行・デバッグに役立ちます。 テストを調査し、それらをさまざまな方法でグループ化し、個別のセッションに分解し、テスト結果を確認して、スタックトレースからソースコードに移動できます。

デバッガとその他のツール

Riderには、.NET Framework、Mono、および.NET Coreアプリケーションと連携して動作するデバッガが含まれており、ステップ、監視、評価、カーソル位置までの実行が可能です。 その他のツールには、スタックトレースエクスプローラ、NuGetブラウザ、VCS、データベースのサポートがあります。

データベースとSQL

Riderから離れることなく、SQLとデータベースを操作できます。 データベースへの接続、スキーマやテーブルデータの編集、クエリの実行のほか、UMLダイアグラムを使ったスキーマの解析も実施できます。

ナビゲーションと検索

コードベース内の任意のファイル、型、またはメンバーに即座に移動できるだけでなく、設定やアクションを素早く見つけることもできます。 シンボルの使用箇所を検索したり、シンボルからベースシンボル、派生シンボル、拡張メソッド、または実装へと移動できます。

フロントエンド技術

Riderには、JavaScript、TypeScript、HTML、CSS、Sassのサポートが組み込まれています。 WebStormに含まれるリファクタリング、デバッグ、ユニットテスト機能をご利用ください。

拡張性

Riderはそのルーツに忠実に従い、ReSharperとIntelliJプラットフォーム用に開発された幅広いプラグインをサポートします。 バンドルされているプラ​​グイン(VCS、F#、Unityサポート用のプラグインなど)に加えて、Markdown、.gitignoreファイル、およびPythonスクリプトをサポートするプラグインもご利用いただけます。

Unity用Rider

RiderはUnity対応により支えられています。

Riderを使ってC#を書くと、幸せになれます。 私は、実際に問題なく動作するコードリファクタリングツールを初めて見ました。 そんなツールに頼ることができるなら、驚くべきことです。

ヨアヒム・アンテ、
Unity CTO & 創設者

お客様

JetBrains Riderは、開発マシンを新調した後に私が最初にインストールするツールです。

JetBrains Riderに切り替えてから数か月間、Visual Studioを起動していません。

Jetbrains Riderを使い始めてから、ブランチでの作業がかつてないほどスムーズになりました。

Dennis Doomen
Aviva Solutionsの継続的改善者、『Fluent Assertions 』の著者

JetBrains Riderは、OS XとWindows両方で最近お気に入りのC#開発ツールです。 長年ReSharperを使っている方なら、これがほとんどシームレスな移行であることをお分かりいただけるかと思います。 開発者にやさしいキーボードナビゲーションと、きめ細かなデバッガサポートは強くお勧めします。

Jeremy Miller

RiderではIDEと格闘することなく、コーディング作業に集中できます。本来こうあるべきなのです。 Riderは、.NETコードを書く喜びを取り戻してくれました。

Frans Bouma、
リード開発者、LLBLGen Pro

Riderは既に多くの企業で利用されています。ぜひお試し下さい。