RubyMineを選ぶ理由

Rubyコードを
自由自在に

概要を見る

スマートなエディタで効率アップ

RubyとRails、JavaScript と CoffeeScript、ERBとHAML、CSS、Sass と Less などに対する充実したサポートにより、高品質のコードを効率よく作成できます。

言語に特化したシンタックス& エラーハイライト、コードフォーマット、コード補完、クイックドキュメンテーションなども利用できます。

見たいコードに
素早くジャンプ

スマート検索を使用して、クラス、ファイル、シンボル、あるいはIDEアクションやツールウィンドウにもジャンプできます。 ワンクリックだけで、宣言、スーパーメソッド、テスト、使用箇所、実装などに切り替えられます。

MVCベースのプロジェクトビューと、モデル、クラス、およびgemの依存関係図を使用して、Railsプロジェクト内の超高速ナビゲーションを体験ください。

疑わしいコードの
検出と修正

コミュニティのベストプラクティスが実装されたコードインスペクションにより、あなたのコードの潜在的なエラーを検出します。さらに、クイックフィックスを使用すれば即座にコードを改善できます。

自動化された安全なリファクタリングは、あなたのコードをクリーンアップし、それをより保守しやすくするのに役立ちます。 Rails対応のリファクタリングでは、プロジェクト全体の変更を実行するのに役立ちます。例えば、コントローラの名前を変更すると、helper、view 、 test の名前も変更されます。

快適なテスト
 & デバッグ

Ruby、JavaScript 、CoffeeScriptに対応したパワフルなデバッガーをグラフィカルUI(GUI)で利用できます。 ブレークポイントを設定し、コードをステップ実行し、すべての情報を一目で確認できます。

コーディングアシスタンスとGUIベースのテストランナーを使って、RSpec、Cucumber、Shoulda、MiniTest&Test:: Unitテストを作成して実行できます。

最適化された
ワークスペース

RubyMineでは、カスタマイズ可能なカラースキーム、キーボードスキーム等、生産的な開発に必要となる全てのルックアンドフィールの設定を好みに合わせて簡単に変更できます。

Git、SVN、Mercurialなどのバージョン管理システムで動作する統一されたUIで時間を節約しましょう。

プロジェクト環境を一元管理

Rake Task Runner、Rails Generators、Bundler、RVM/Rbenv、Zeusなどのツールとのシームレスな統合をお楽しみください。 ターミナルによる操作も、IDEツールウィンドウからいつでも行うことができます。

FTPやSFTPを使用して自動デプロイを簡単に設定し、Vagrant、Capistrano、Chef、Puppetでインフラストラクチャを管理できます。

常に最先端を行く

Ruby 2.xとRails 6.x、Sinatra、React、Angular、Puppet、Dockerなどに対し、最高水準のサポートを提供します。

すべての機能を参照

RubyMine 2020.2 の新機能

コードインサイト

コードインサイト

RubyMine バージョン 2020.2 では、新しいコードレビューと問題修正の手段を提供しています。 現在ファイルの問題箇所を簡単に確認し、問題箇所を含むコードにジャンプし、新しいツールウィンドウから問題を直接修正できます。

Liquid テンプレート言語のサポート

Liquid テンプレート言語のサポート

RubyMine 2020.2 では、Liquid テンプレート言語の基本的なサポートを提供しています。 このような機能には、コード補完、構文エラーのハイライト、よく使用する構文を挿入するライブテンプレートなどがあります。

GitHub プルリクエストの完全サポート

GitHub プルリクエストの完全サポート

もうブラウザーと IDE を切り替える必要はありません。 プルリクエストのワークフロー全体を RubyMine 内部で完結できるようになりました!

カスタマーエクスペリエンス

ぜひお試しください

RubyMineは世界中の企業の皆様に愛用されています。

その皆様に加わって、最高級の開発を経験してください。