すぐに使えるパワフルな
継続的インテグレーション
TeamCityをダウンロード
TeamCity 2019.1はこちらです! 新機能を確認
TeamCityを
入手

無料で使える

エンタープライズレベルのCI/CDの実現をお手伝いするTeamCity Professional (初めてのお客様や、小中規模のチームに最適)は無料でお使い頂けます。

TeamCity
Professional

今すぐスタート

エンタープライズレベルのテクニカルサポートや大規模開発におけるソリューションをお探しですか? 有償のEnterprise エディションをご確認ください。

100個のビルド構成2017.2+

最大100個のビルド構成(ジョブ)が定義可能です。ビルドの実行は無制限です。

3個のビルドエージェント

最大3つのビルドを同時に実行できます。 必要に応じてさらにエージェント(有償)を追加してください。

全ての機能が利用可能

TeamCityの全機能を最大限にご活用ください。 本製品には、当社の大企業のお客様にご利用いただいているものと同じ機能が含まれています。

パブリック課題トラッカー&フォーラム

フォーラムを通じて弊社メンバーや他のユーザからからサポートを受けることができます。また、当社のパブリック課題トラッカーでバグの報告や機能リクエストを提出し、それらに投票できます。

永遠に無料

ユーザー数無制限、ビルド時間無制限。 付帯条件なし。

機能

24時間年中無休のビルド エンジニア

強力な継続的インテグレーション

リモート実行と事前テストされたコミット

ビルド、チェック、サーバー上での自動テストの実行を変更のコミット前に行えるので、あなたのコード ベースを常にクリーンに保てます。

オンザフライのビルドプロセスレポート

問題点を発見するためにビルドが完了するのを待つ必要はありません。

スマートな設定

プロジェクト階層

親の設定と権限を継承するようにプロジェクトツリーを作成できます。

テンプレート

共通の設定でテンプレートを作成し、それらからビルド設定をいくつでも継承できます。

ビルドチェーンと依存関係

単一のビルド処理を、直列または並列に実行できる部分に分割できます。

Configuration as code (コードとして構成を記述)

TeamCity Kotlin DSLに基づく構成スクリプトを使用し、CIとCDのパイプラインをコードで設定できます。

URLから作成

TeamCityでプロジェクトを作成する際は、.teamcity/settings.ktsファイルのあるリポジトリを指定するだけです。 TeamCityはコードの内容に従って必要なすべての設定やビルド構成を使ってプロジェクトを自動的に作成します。

高い移植性

Kotlin DSLスクリプトがサーバーやプロジェクトから切り離されたため、異なるサーバー間や同一サーバー内のプロジェクト間でも、同じスクリプトを共有できるようになりました。 このスクリプトをリポジトリにチェックインするだけで共有できます。

本格的なプログラミング言語

DSLはKotlinをベースにしているため、コードを再利用し、設定を動的に作成し、IDEの自動補完とコードナビゲーションをご利用いただけます。

kotlin dslの詳細

選択が簡単

DSLの開始方法がお分かりになりませんか? UIの「View DSL」オプションを使用すると、設定がDSLでどのように記述されているかを確認できます。

包括的なVCS統合

フィーチャーブランチ

開発にフィーチャーブランチをご利用ですか?  TeamCityはブランチ内の変更を検出してビルドするだけでなく、master にマージします。

バージョン設定

あなたのプロジェクト設定をVCSと同期させると、設定を見失うことはありません。

メリット

TeamCityのメリット:

  • あなたにとって
  • 開発者にとって
  • システム管理者にとって
  • ビルドエンジニアにとって
  • マネージャーにとって
  • パンダにとって

開発をより効率的に

あなたは継続的インテグレーションに対して古典的なアプローチを実践していますか、それともGitやMercurialによるフィーチャーブランチの方がお好きですか?  どちらの場合でも、TeamCityはあなたのチームのパフォーマンスを次のレベルに引き上げるために、開発者向けの幅広い機能を網羅しています。

初日から時間を節約

Java、.NETでの開発、あるいはモバイルプラットフォーム向けの開発に関わらず、TeamCityは数分で開始するために必須のものを、インストーラパッケージ内に直接備えております。

自由な拡張

特別な追加機能が必要な場合はいつでも、すぐに使用できる100種類以上のプラグインから選ぶことができます。 または、TeamCity Open APIを使用して独自のプラグインを作成し、カスタム機能を追加することもできます。

万全のカスタマーサポートを
お楽しみください

一人で悩む必要はありません。 公開課題トラッカー、コミュニティフォーラム、包括的なオンラインドキュメントなど、さまざまなサポートチャネルからサポートを受けられます。

信頼度の高いスケーラブルなアーキテクチャと
ライセンス

あなたのチームが大きくなるにつれて、TeamCityはよりスマートになります。 このライセンスモデルでは、完全に無料で開始し、必要に応じてスムーズにサーバーの能力を拡張することができます。

継続的
インテグレーション・デプロイ

当初は継続的インテグレーションサーバーであったTeamCityは、成熟した継続的デプロイプラットフォームに期待されるすべての機能を網羅しています。 今やTeamCityは、どちらの目的に対しても最良の選択肢となりました。

パンダはBambooよりも、あなたのビルドが緑色に変わるのを見るのがもっと大好きです。

TeamCityはパンダを幸せにします。

新機能

TeamCity 2019.1の新機能

GitLabのフルサポート

TeamCity 2019.1はGitLabをフルサポートしています。 リストからGitLabプロジェクトを選択するだけで、GitLabのOAuth接続を設定し、ワンクリックでTeamCity内にプロジェクトを作成できます。 TeamCityはGitLabのマージリクエストも自動的に構築できるようになりました。

トークンベース認証

基本的なHTTP認証に加えて、TeamCityは永続的なアクセストークンに基づく認証をサポートするようになりました。 トークンを使用すると、ユーザーのログイン名とパスワードをスクリプトに埋め込む必要がなくなります。 トークンはREST API認証にも役立ちます。

Go言語のサポート

TeamCityでGo言語がネイティブにサポートされるようになりました。 Goプロジェクトを追加すると、TeamCityはGoテストを検出して報告し、テストステータス、ビルド間の履歴、時間についての詳細な分析データを提供し、不安定なテストをflaky(同じ構成、コードに対して合否が変わる)としてマークします。

お客様の声

30000人以上のお客様が
TeamCityで
成功を収めています

あなたには素晴らしい仲間がいます!

お客様の声

@Marco_Rasp
私は@teamcityが大好きだとお伝えしましたっけ?
GitHubとの継続的インテグレーションが簡単に設定できます。
非常に使いやすく、当社の開発チームの生産性を向上させるのに役立つ、信じられないくらい優れた製品をありがとうございます。
Tim Kent、
BNP Paribas

やっていることを本当に把握しているなら、TC がどれほど優れているのかがはっきりと分かるはずです。
Evgeny Goldin、
ビルドエンジニア
@maspwr
継続的インテグレーションの分野では、@teamcityは私にとって今までで最高の製品です。 ぜひお試しください!  
@akosma
私はJetBrainsの@teamcityに本当に感動しています。「傑出している」という言葉がぴったりです。
私の新しい趣味は、Jenkinsと闘いながら、自分がやっていることは
@teamcityでネイティブでサポートされている
か確認することです(ネタバレ:いつもサポートされています)。
@pauldambra
Twitterより