機能一覧

妥協のない開発体験をお届けします

最もスマートなエディタ

WebStormなら、最新JavaScriptエコシステムを最大限に利用することができます。 JavaScript、TypeScript、スタイルシート言語、および主要なフレームワークすべてに対応したインテリジェントなコード補完、オンザフライのエラーチェック、強力なナビゲーションとリファクタリングの機能が利用可能です。

ウェブ
  • Angular
  • React
  • Vue.js
モバイル
  • Ionic
  • Cordova
  • React Native
サーバー
  • Node.js
  • Meteor
デスクトップ
  • Electron

デバッガ

IDEでクライアントサイドアプリやNode.jsアプリをデバッグできます – ソースコード内に直接ブレークポイントを設定し、コールスタックや変数を調査し、ウォッチを設定し、対話型コンソールを使用してください。

シームレスなツール統合

Linter、ビルドツール、テストランナー、RESTクライアント等、様々なツールがIDEと完全に統合された形で利用できます。 ターミナルが必要な場合でも、IDEツールウィンドウから利用できます。

ユニットテスト

WebStormではKarma、Mocha、Protractorを使用してテストを実行し、デバッグできます。 エディタ内で直接すぐにテストステータスを見たり、便利なツリー表示から素早くテストにジャンプできます。

VCSとの統合

Git、GitHub、Mercurial、その他VCSと連携するシンプルな統合UIをご利用ください。 直接IDEから視覚的な差分/マージツールを使ってファイルのコミット、変更のレビュー、競合の解決を行えます。

WebStorm 2019.3の新機能

起動の高速化
WebStorm起動時にウェルカム画面を表示する速度とインデックス化済みプロジェクトを開く速度が、以前のバージョンよりも20%高速化されました。
より高度なVue.jsサポート
スロット名のコード補完とVueシンボル用のドキュメントを提供し、個別ファイルに定義されたコンポーネントをサポートしているため、素晴らしいVue.jsアプリケーションを一層速く構築できるようになりました。
CDN上のCSSライブラリの補完
HTMLファイル内でCDNからリンクされたBootstrapや別のCSSライブラリを使用している場合、当該ライブラリのソースをプロジェクトに追加することなくそのクラス名を補完できるようになりました。
WEBSTORMを選ぶ理由

すぐに作業に取りかかれます

複数のプラグインを巧みに操って時間を無駄にすることなく、プロジェクトの作業をすぐに開始できます。 さまざまな開発者ツールを組み込み、初期状態で言語やフレームワークをサポートし、生産性の高いJavaScript開発に必要なものをすべて取りそろえています。

生産性を向上します

リファクタリングやクイックフィックスを利用し、ターミナルとテキストエディタとの往復や自動化可能な作業に時間をかけないようにしてください。これこそが当IDEが得意とするところです。 このIDEでは、デバッガやGitなどの最も重要な開発者用ツールをすぐにご利用いただけます。

少ない労力で優れたコードを書けます

入力中にIDEが多数のインスペクションを実行し、潜在的なエラーと冗長なコードを迅速に検出するため、よりクリーンで信頼性の高いコードを記述できます。 現在のコンテキストで最も関連性の高い変数とメソッドを提案する自動補完を使用して、コードベースを調査する時間を節約することができます。

必要なものを素早く検索できます

プロジェクトの規模に関係なく、コード間をより素早く移動できます。 クラス、関数、メソッド、変数、またはコンポーネントの定義にジャンプし、数回クリックするだけでその使用箇所を見つけることができます。 一目で構造を確認できるビューを用いて、開いたファイル間を簡単に移動できます。

お好みに合わせて外観を調整できます

デフォルトの設定を使用する気にはなれませんか? テーマ、コードスタイル、プラグインなどを試してIDEの外観と動作を調整し、あなた独自のニーズへの適合性を高めることができます。 また、WebStormの異なるインスタンス間でカスタム設定を自動的に共有することもできます。

カスタマーエクスペリエンス

ぜひお試しください

WebStormは世界中のチームに愛用されています。
最高の開発体験環境を入手しましょう。

お客様の声