Riderの新機能

Rider 2019.3は、優れたT4テンプレート対応機能、.NET Core用のクロスプラットフォーム対応プロファイラ、Unity用のクロスプラットフォーム対応テストカバレッジを提供します。 起動速度が向上し、デバッガがDocker Composeに対応し、バージョン管理とXamarinへの対応が全面的に強化されています。

ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2019.3

Support for T4 templates

T4テンプレートに対応

皆様のご要望に応え、T4テキストテンプレートに対応しました! T4テンプレート対応 機能は、当社独自のジェネレータを基にしたプレインストール済みのプラグインとして提供されます。 

これにより、Rider内ですべてのT4テンプレートを簡単に実行、処理、デバッグできるようになりました。 エディタ内で以下を含む新しい支援機能を利用できます。

  • コードのハイライト、ナビゲーション、コード補完、入力支援、リファクタリング、コンテキストアクション、インスペクション、書式設定など、コードブロック内で豊富なC#対応機能を提供します。
  • インスペクション、入力支援、折りたたみ、対になった波括弧の自動挿入などのT4専用の機能をサポートします。
  • includeディレクティブに幅広く対応し、C#のコードを可能な限り正確に解決します。
  • インスペクション、クイックフィックス、コードのハイライト、ナビゲーションなど、あらゆる種類のディレクティブに対応します。

これらすべての機能は、WindowsmacOSLinuxで機能します。

.NET Core用のクロスプラットフォーム対応プロファイラ

.NET Core用のクロスプラットフォーム対応プロファイラ

Rider 2019.1ではmacOSとLinuxでパフォーマンスプロファイラを利用できるようになりましたが、当時はMonoアプリケーションとUnity Monoアプリケーションのみに対応していました。 このリリースでは大きな一歩を踏み出し、LinuxとmacOSで組み込みのdotTraceプラグインを使用して.NET Coreアプリケーションをプロファイリングできるようになりました。 つまり、Windows、macOS、およびLinux上であらゆる.NETアプリケーションをプロファイリングできます。

ただし、完全に対応しているのは.NET Core 3.1をターゲットとするプロジェクトだけです。 .NET Coreの一部の制限により、.NET Core 3.0以前をターゲットとするプロジェクトのプロファイリングでは、プロファイリングされたアプリケーションがまれにフリーズしたり、クラッシュしたりすることがあります。

Test Coverage for Unity

Unityのテストカバレッジ

当社はUnityスクリプトを作成しやすくするために意欲的な改善に取り組んでおり、リリースのたびに優れた結果を提供できるよう努めています。 今回は、Unityの編集モードのテスト向けにクロスプラットフォーム対応のテストカバレッジと継続的テストを導入しています。

心躍る新機能の一部を以下にご紹介します。

  • PlayモードのユニットテストがUnit Testランナーでサポートされています。
  • RiderがUIElementsに対応し、UXMLファイルやUSSファイルのシンタックスハイライト、コード補完、スキーマ検証を行えるようになりました。
  • .asmdefファイル対応が復活しました!
  • デバッグ用のプロセスをリストアップ中にプロジェクト名が表示されるようになりました。
  • プロジェクトを最初に読み込む際に実行されるアセット解析処理のパフォーマンスを改善しました。
  • Riderのログビューアツールウィンドウが “Clear on play” に対応しました。
  • RiderがC#8の機能を提案する際の不快なバグが解消されました。
  • リファクタリング中に.metaファイルを最新に維持する際、さまざまなエッジケース(特殊な状況で発生する事例)を考慮するようにしました。

これらは単なるハイライトにすぎません。 このリリースにはより小規模な他の修正が多数含まれています。 完全なリストは変更ログをご確認ください。

Better performance

パフォーマンス向上

Rider 2019.3には、最近の 長期間にわたる品質改善 により IntelliJプラットフォーム に行われたすべてのパフォーマンス最適化が自動的に含まれています。 起動処理が大幅に改善され、スムーズマウススクロールが実装されました。また、多数のUIフリーズが解消されましたが、これらは重要な改善のうち、ほんの一部にすぎません。 詳細についてはIntelliJ IDEAのブログでパフォーマンス改善に関するすべての記事をご覧ください。

Docker Compose reaches the debugger

Docker Composeのデバッグ対応

リリース2018.2ではRiderのデバッガがDockerに対応し、Dockerfileから作成されたコンテナをデバッグできるようにしました。 しかし、その当時はDocker Composedocker-compose.yml)を使用して作成されたコンテナのデバッグには対応していませんでした。

大変お待たせしました! Docker Compose対応が強化され、ついにデバッグできるようになりました! マルチコンテナのDockerアプリケーションをマウスクリックでデバッグできるようになりました。

Edit & Continue becomes even better

Edit & Continueのさらなる改善

Edit & Continueで実行中(一時停止中ではない)アプリケーションに変更を適用できるようになり、アプリケーションをブレークポイントで停止する必要がなくなりました。 エディタタブ上部にあるツールチップの「Apply Changes」リンクをクリックすれば、いつでも変更を適用できます。 また、Settings | Build, Execution, Deployment | Debugger | Editing during debugでは、Step/Resume/Jump to Statement の各アクションでEdit & Continueによる変更の自動適用を無効化できます。

Edit & Continueは引き続き、Windowsのみに対応しています。

デバッガの改善

デバッガの改善

デバッガのその他の部分でも多くの変更を加えました。 まず第一に、BreakpointsビューのExceptionsツリーが次のように大々的に変更されています。

  • 検索機能が折りたたまれたノードに対しても動作するようになりました。
  • Exceptionsを両方の型(User/System)と名前空間でグループ化できるようになりました。
  • メインノードに新しい名前 “CLR Exceptions” が付けられました。

また、リモートデバッグにいくつかの更新が行われました。

  • リモートデバッグを使用する際に発生する可能性のあるエラーの説明と通知が改善されました。
  • リモートデバッグ用のパスワードやパスフレーズを指定していない場合、リモートサーバーに接続する際に入力を促されます。

さらに、次のような変更も行われています。

  • 多数のデバッガアクションに新しい名前が付けられ、その動作内容がより分かりやすくなりました。
  • “Pin to top” 機能が再帰評価に対応しました。
  • “Jump to Type Source” アクションを利用できるようになりました。
  • 例外ブレークポイント用の “Just my code” オプションがMono上で非常に有効に機能するようになりました。
Updated VCS support

VCS対応の更新

Gitのようなバージョン管理システムを操作する際のユーザーインターフェイスとユーザーエクスペリエンスの改善を試み始めました。 このリリースでは、新しいライブなdiffプレビューをコードエディタのタブで直接開けるようになり、ユーザーエクスペリエンスが向上しています。

また、デフォルトで左側に表示される新しいCommitツールウィンドウを実装しています。これにより、変更リスト、コミットの説明などを表示するために縦方向の画面スペースをより多く確保することができます。

Rider 2019.3の初回起動時にVersion Controlタブが見つからなくてもご心配なく。同じ機能は引き続き存在しますが、名称がRepositoryに変更されています。

さらに、“Compare with Current” ビューの改善とCloneダイアログの改修を行い、アクティブではないブランチをプッシュできるようにしました。

詳細については、ブログ投稿 A New Way to Commit! Introducing the Commit and Repository Tool Windows in Rider 2019.3 をご覧ください。

The AWS Toolkit plugin comes to Rider

AWS ToolkitプラグインがRiderに対応

このリリースサイクルでは、.NET開発者向けのAWS Toolkitプラグインを最適化するために多くの労力を払い、Riderとの互換性を持たせました。

  • 定義済みのプロジェクトテンプレートを使用し、新しいAWSサーバーレスアプリケーションを作成できます。
  • AWS Lambdaをローカルおよびリモートで作成、実行、デバッグできます。 さらに、これらすべての操作をガターアイコンを使用してエディタから直接実行できるようになりました。
  • サーバーレスアプリをAWSにデプロイできるようになりました。
  • Cloud Debuggingに対応しました! クラウド内のリモートコンテナで直接AWS Fargateを使用し、ローカル環境でエミュレートすることなくAmazon ECS上で実行中のクラウド.NET Coreアプリケーションをデバッグできるようになりました。
  • このプラグインは、Riderバージョン2019.2とバージョン2019.3の両方で利用できます。

AWS Toolkit for Riderプラグインをインストールすれば、AWSサーバーレスアプリケーションの作業を開始するのに必要なものすべてが手に入ります。

Leveled up Xamarin support

Xamarin対応の強化

当社はRiderをXamarin開発用の優れたIDEにし続けており、Xamarin AndroidとXamarin iOSの両方に次のような複数の素晴らしい改善を行いました。

  • JetBrains AppCodeのコンポーネントを統合することで、Mac上でのApple製デバイスやシミュレータの認識度が向上しました。
  • 接続中のApple製デバイスのリストは、ツールバーで確認できます。
  • mtouch(iOS用Monoコンパイラ)のデバイスビルドに対応しました。
  • Xamarin Androidプロジェクトで “Publish Android APK”(Android APKを公開)を利用できるようになりました(プロジェクトのコンテキストメニューで Archive or Publish アクションを探してください)。
  • Project PropertiesでAndroid固有のプロジェクトプロパティを編集できるようになりました。

また、Xamarin Formsサポートも忘れず、x:DataTypeおよびClass属性への対応などの複数の重要な修正を行いました。

C# 8サポートのさらなる改善

C# 8サポートのさらなる改善

新しいRiderのリリースでは、C# 8の処理がさらに改善されています。 改善内容には以下が含まれます。

  • notnull制約への対応を含むnull許容参照型の理解の強化。
  • ターゲットの型を指定したswitch式。
  • デフォルトインターフェースメソッドの早期対応
  • 新しいヒント "Local function can be static"(静的にできるローカル関数)と、それに付随するクイックフィックス。
  • ファイル、プロジェクト、またはソリューション内の全プロジェクトでnullable注釈や警告を有効化する新しいクイックフィックス。
  • async反復子のCancellationTokenパラメータにEnumeratorCancellation属性を追加する新しいクイックフィックス。

さらに、 "Type or type member is never used" コードインスペクションが2種類のオプションに分割されました。1つは型用のもの(Type is never used)で、もう1つは型メンバー用のもの(Type member is never used)です。

コード生成

コード生成

GenerateアクションはC# 8の詳細を理解し、次の機能で支援を行います。

  • 列挙値を徹底的にチェックする新しい "Add missing arms" クイックフィックス。
  • switch式で型パターンを生成する新しいクイックフィックスとコンテキストアクション。
  • 等値演算子/関係演算子/比較演算子を生成する際のNull可能性の考慮。

また、C#とVB.NETの等価メンバーや比較演算子を生成する際にSystem.HashCodeを使用してGetHashCodeを実装し、コードをクリーンにするのに役立つ新しいオプションが追加されました。

Type Name Hints

型名ヒント

Riderのリリース2019.1で導入されたParameter Name(パラメータ名)とCode Annotations(コード注釈)のヒントにご満足いただけていたら幸いです。 このリリースではさらに対応を拡充させ、Type Name Hints(型名ヒント)を提供しています。 これらのヒントは以下で利用できます。

  • ラムダ式のパラメータ
  • パターンマッチングとタプルの分解を含むすべての変数の出現箇所
  • LINQステートメント内の範囲変数
  • メソッド呼び出しチェーン内の行末
Navigation and Find Usages

ナビゲーションと使用箇所の検索

たいていの開発者は、特定の参照がコード内で使用されている箇所を知りたい場合があります。 以前から長らく参照で “Find dependent code” アクションを実行し、その参照から型や型メンバーの出現箇所をすべて見つけることはできました。 しかし、この操作には一部制限がありました。 このリリースでは制限の一部を撤廃しました。Find dependent codeがNuGetの参照に対応し、プロジェクト単体ではなくソリューション全体に対して実行できるようになりました。

その結果、Riderはさらに提供可能な機能が増えました。

  • Quick Definitionオーバーレイツールチップをコードエディタ内の任意のシンボルで利用できるようになりました。これにより、現在のコンテキストから離れずにシンボルの定義を素早く確認できるようになりました。
  • Consuming API は “Navigate to” アクションを拡張し、特定タイプのオブジェクトをパラメータで受け取るすべてのメソッドをリストアップしたい場合に役立ちます。
  • Find dependent codeFind results ウィンドウに新しいフィルタが実装されました。
  • ソースシンボルパッケージを持つNuGetパッケージの外部ソースに移動できるようになりました。
コードスタイル

コードスタイル

このリリースでは、長らく期待されていたもう一つのご要望に対応しました。 C#の命名設定が、EditorConfigの読み込みとエクスポートに対応しました。

この大きな変更に加えて、より小規模な複数の変更が行われ、コードのスタイルをより細かくコントロールできるようになりました。

  • 初期化式の型が明白な場合にのみ明示的な型の代わりに `var` を使用したい方のために、Riderがより明白な状況を検出できるようになりました。 また、Roslynの動作に対応する “compatibility” (互換)モードが実装されました。
  • 同一グループの他の演算子でネストされた演算子のグループの優先度のみを明確にする丸括弧を追加する、StyleCopおよびRoslynと互換性のある新しいコードスタイルオプションが実装されました。 例えば、&&|| のどちらが優先されるかを思い出せない場合にこのオプションを使用すると、丸括弧により優先度を明確にすることができます。
  • Comment Code(コードのコメント化)がデフォルトでコメントにインデントを追加するようになりました。 この動作を無効化したい場合は、“Place comments at first column when commenting out code”(コードをコメントアウトする際に最初の列にコメントを配置する)という新しい設定を使用してください。
  • Autodetect indent size and value(インデントサイズと値を自動検出する)が有効な場合に、インデントを設定するオプションページに適切な通知が表示されるようになりました。

また、C#フォーマッタオプションのページにConfigure formatting(フォーマット設定)とAutodetect formatting(フォーマットの自動検出)の機能を説明する通知ツールチップが追加されました。

プロジェクトモデルの改善

Riderのプロジェクトモデルは、TypeScriptファイルなどのウェブ言語ファイルで行う任意のリファクタリングをすべてのプロジェクトファイルに拡張するようになりました。 例えば「TSクラスを個別のファイルに移動する」と、対応する.csprojファイルが変更内容で更新されます。 また、Solution Explorerの「Not Built」(未ビルド)プロジェクト状態のUXも改善しました。

.NET Core 1.* SDKのサポートを終了しました。これらのバージョンはサポート終了日を迎えたためです。

MongoDBの初期対応

RiderがMongoDBに初めて対応しました(続きを読む)。 さらに、Riderのデータベース対応をOracle PL/SQLデバッガにまで拡張し、新しいインスペクションと警告、インラインクエリの進捗インジケーター、接続エラーを簡単にGoogleで検索する方法を追加しました。

詳細については、「DataGrip 2019.3の新機能」ページをご覧ください。

ウェブ開発

ウェブ開発

これまで通り、ウェブ開発者向けに多数の改善を行っています。

  • Vue.jsのコード補完を大幅に改善しています。
  • Vue.jsプロジェクトのクイックドキュメント.
  • propTypesのないReactコンポーネントのプロパティへの対応を強化しています。
  • Angularの対応を強化しました。
  • TypeScript 3.7への対応と、JavaScript/TypeScript対応に関するその他の改善を行いました。
  • CSS/SASS対応に関して複数の更新を行いました。
  • 今後公開予定のYarn 2リリースに対応しました。

詳細については、「WebStorm 2019.3の新機能」をご覧ください。

その他の機能

その他の機能

  • さまざまなMSBuildアイテムをコード補完に認識させることで、Riderの各種プロジェクトファイル(.csprojファイル)への対応を改善しました。 また、<TargetFramework>/<TargetFrameworks>検証用のインスペクションとクイックフィックスも使用できます。
  • 定義済みの実行構成をよりスマートに生成できるようになったため、追加の移動や調整を行うことなく実行できるようになりました。 また、嫌になるような「デフォルト値」の代わりに自動生成された適切な名前が付与されます。
  • $(ProjectDir)など、launchSettings.jsonファイルで指定されるその他のMSBuildプロパティに対応しました。
  • Parameter Infoポップアップがタプルに対して有効になりました。
  • 改行削除と改行前にバックスペースを追加する入力支援機能が、トークンを分離するため、またはフォーマット規則で必要な場合にスペースを残すようになりました。
Yet more features

その他の機能(その2)

  • 識別子のハイライト表示が全面的に改修されました。C#では個別のページが用意され、プリプロセッサのディレクティブ、静的メソッド、フィールドなどに個別の色が割り当てられました。
  • 新しいNUnitインスペクションは組み合わせユニットテストとパラメータ化されたユニットテストの個々のパラメータに対応しています。
  • Expand All(すべてを展開)ボタンが左側ツールバーに復活しました。
  • 新しいリアクティブなTFSクライアントが実験的モードでリリースされました。 同機能を有効化するには、Settings | Version Control | TFVCを開いてオンにする必要があります。 これにより、「Checking for changes」アクションが劇的に高速化されます(弊社のテストでは約100~1000倍高速化されました)。 CommitアクションやHistoryアクションなどの多くの操作は、初回リリース後に新しいクライアントに移植されます。
ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2019.2

デバッガ

デバッガの改善

Variables” タブには ‘Pin to Top’ と呼ばれる新機能が追加されています。 この機能を使うと、最も関心のあるあらゆるオブジェクトのプロパティやフィールドにスターを付け、それらをリストの上に表示させておくことができます。 

Run to Statement’ および ‘Jump to Statement’ アクションに、エディタ内のカーソルに追従するアイコンが追加されました。

また、スタックの計算とステップで多くのパフォーマンス改善を行いました。

詳細については、「Rider 2019.2のデバッガ追加機能(Pin to Top、フローティングアクション、スタックフレームの再設計)」をご覧ください。

Xamarinサポート

Xamarinサポート

このリリースでは、XamarinによるiOS開発に役立つと思われる機能を2つ追加しています。

一つ目は、IDEから直接iOSデバイスにXamarin iOSプロジェクト用の.ipa(iOS App Storeパッケージ)ファイルを公開できる機能です。 Solution ExplorerビューでiOSプロジェクトを選択肢、コンテキストメニューを呼び出してから "Archive for Publish" 項目をクリックしてください。

二つ目は、Xamarin iOSプロジェクトのPropertiesウィンドウ(Configurations | Bundle Signing)からプロビジョニングプロファイルを管理できる機能です。

Windows Formsデザイナー

Rider 2019.2では、TelerikDevExpressSyncfusionComponentOneInfragisticsサードパーティ製コントロールを新たにサポートしています。 これらのコントロール一式をDesigner Toolboxに読み込み、それらをアプリケーションのフォームやユーザーコントロールで使用できます。 Visual Studio APIを多用する一部のDevExpressコントロールは機能しませんので、ご注意ください。 現在、回避策に取り組んでいる最中です。

また、32ビットコントロールも新たにサポートしていますので、32ビットコンポーネントをデザイナーでご利用いただけるようになりました。

詳細については、「Riderでサードパーティ製Windowsフォームを使用する」をご覧ください。

Code coverage of Mono applications and unit tests

Code coverage of Mono applications and unit tests

.NET Coreアプリケーションとテストのカバレッジ解析に加えて、Monoフレームワークを新たにサポートしました。 Linux、macOS、Windows上でMonoランタイムを使用して.NET Frameworkのユニットテストを網羅してください。

C# サポートの強化

C# サポートの強化

サポートが強化されたReSharperでC# 8.0を最大限にご活用ください。

  • Index型やRange型などのインデックス範囲に関する最新の変更がサポートされています。
  • Add range checkコンテキストアクションがSystem.Index/System.Rangeのインデックス生成をサポートし、正確なチェックを生成できるようになりました。
  • アンマネージドなジェネリック構造体をサポートしています。
  • 新しいインスペクション「Convert switch statement to switch expression(switchステートメントをswitch式に変換)」と「Convert chain of ternary expressions to switch expression(一連の三項式をswitch式に変換)」、ならびに対応する「Convert to switch expression(switch式に変換)」クイックフィックスを追加しました。

皆様からのご要望に応え、「Convert concatenation to interpolation(連結された変数を埋め込み変数に変換)」コンテキストアクションを範囲内で適用できるようにしました。

F# support

F# support

Code VisionがF#で機能するようになりました! この機能は、関数、値、メンバーの型推論、および宣言のVCS作者をコードエディタに直接表示します。

その他の変更は次のとおりです。

  • ReSharperのスペルチェッカーがF#のシンボルの宣言、文字列、コメントに対応しました。
  • エスケープシーケンスは文字列内でハイライト表示されます。
  • パターンマッチングで絶対に一致しないルールに適用されるハイライト表示を改善しました。
  • Find UsagesGo to Declarationは、レコードの構築コピーと更新の式に対して機能します。
  • 例外を作成する式には、New Instanceという種類の出現箇所が表示されます。
  • F# Interactiveを.NET Core SDK 2.2.300以降から実行できます。

詳細については、「GitHubのリポジトリ」をご覧ください。

UI update

UI update

LightテーマのエディタとデバッガタブがDarcula/Darkテーマに合わせて再設計されました。 これらの新しいタブのUIを気に入っていただければ幸いです。

コード補完ポップアップのUIがより分かりやすく一貫性の取れたものになり、Lightテーマで選択した要素のハイライト表示が改善されました。

このリリースではLocal Changesから直接コミットできるため、もう個別のCommitダイアログを経由する必要はありません。

Solution Explorer

Solution Explorer

Solution Explorerビューに次のような複数の更新が加えられました。

  • ソリューションフォルダの名前を変更できるようになりました。
  • ソリューション/プロジェクトファイルに対し、“Auto-scroll to source” が無効化されました。
  • Visual Studio 2019で導入されたフィルター処理済みソリューション*.slnf)をRiderで開けるようになりました。
NuGet support

NuGet support

Rider 2019.2では、組み込みのNuGetクライアントに次のような多数の更新を行っています。

  • パッケージをインストールした後の次の手順を明確にするため、パッケージの readme.txt を表示します。
  • XDT変換を実行する際、パッケージの要求に応じてエントリが自動的に設定ファイルに追加・削除されます。
  • Riderはプライベートフィードにアクセスするため、Azure DevOps/Artifactsで利用できるようなネイティブなクロスプラットフォーム資格情報プロバイダをサポートしています。
  • より簡単にパッケージをアップグレードできるよう、複数のプロジェクトでの複数パッケージのアップグレード処理にいくつかの更新を行いました。

詳細については、「Readme.txtのサポート、XDT変換、ネイティブな資格情報プロバイダ、Rider 2019.2におけるNuget関連のその他の更新」をご覧ください。

コードの再配置

Riderはご要望の多かったもう一つのReSharperの機能を実装しました。具体的には、ファイルレイアウトのパターンをRiderのSettings/PreferencesEditor | Code Style | C# | File Layout)で直接XAMLビューから変更できるようになりました。

ASP.NETのサポート

当社独自のaspx/ascxファイル用の‘ASP.NETコードビハインドファイル’ジェネレータを実装しました。 .aspxファイルに新しいコントロールを追加してコードビハインド(.aspx.cs)からそのコントロールにアクセスする際、ジェネレータが対応する .designer.cs ファイルを生成するようになりました。

Unityのサポート

Riderの優れたUnity統合機能は、リリースを重ねるごとに改良され続けています。 こちらがバージョン2019.2での対応内容です。

  • シリアル化したフィールド値をエディタ内に直接表示するようにしました。
  • シーン、タグ、レイヤー、入力値の補完と検証と追加しました。
  • カスタムエディタ、属性などを作成するための新しいファイルとライブテンプレートを追加しました。
  • クラス内の任意の場所でAlt+Enterコンテキストアクションからイベント関数を生成できます。
  • `Space`、`Header`、`Tooltip`のようなインスペクター属性を追加する新しいコンテキストアクションを追加しました。
  • メニュー属性で重複しているキーボードショートカット用の新しいインスペクションを追加しました。
  • Navigate Toメニューを使って、Unity内のシンボル使用箇所を検索できるようにしました。
  • テキストベースのアセットの処理パフォーマンスを大幅に改善しました。
  • Unity EditorプラグインがUnity 2019.2のバンドルパッケージとして出荷されるようになりました。もうプロジェクトにdllが含まれることはありません!

詳細については、「GitHubのリポジトリ」をご覧ください。

VCS update

VCS update

  • プロジェクトに外部からコピーされたファイルをバージョン管理対象に追加するよう促すようにしました。 
  • チェックインし忘れている可能性のあるファイルを予測します。
  • 無視ファイルの処理を改善しました。
  • Gitログを通してディレクトリの作業履歴を表示するようにしました。
  • Projectビューから選択した複数のディレクトリに対し、Gitファイルの履歴を表示するようにしました。
  • Update Project アクションの後に Update Info はLogタブとして表示されます。
  • Compare Branchesアクションを改善しました。
  • Show Diff with Working Treeアクションを追加しました。
  • Diffの “Collapse Unchanged Fragments” モードを改善しました。
  • VCS Logの列をカスタマイズできるようにしました。
  • Gitのmergeおよびcherry-pickの処理を中止できるようにしました。

詳細については、「IntelliJ IDEA 2019.2の新機能」をご覧ください。

ウェブ開発

ウェブ開発

  • Renameリファクタリングを改善しました。
  • JavaScript、TypeScript、CSS、Sass、SCSS、Lessでの重複コードを検索できるようになりました。
  • Angularのサポートを強化しました。
  • JavaScriptで提案されるコード補完の表示を更新しました。
  • 入力ミスをしたキーワードと名前のコードを補完するようにしました。
  • パイプライン演算子を新たにサポートしました。
  • JavaScriptデストラクチャリング用の新しいインテンションを追加しました。
  • デバッグ中のSmart step intoを更新しました。
  • エディタ内に型ヒントを表示するようにしました。
  • デバッガでライブラリのフレームを非表示にしました。

詳細については、「WebStorm 2019.2の新機能」をご覧ください。

データベースサポート

データベースサポート

  • 設定ファイルに適切な接続文字列がある場合に、LocalDb接続をセットアップするよう通知するようにしました。
  • 全文検索とSQLプレビューを実装しました。
  • クエリライブタイマー
  • ‘Unnecessary usage of CASE’(不要なCASEの使用箇所)インスペクションを実装しました。
  • 素早いテーブルバックアップ。
  • テーブルのコメントを表示できるようになりました。
  • Move Caret to Next Word(キャレットを次の単語に移動)の動作を制御するための新しいオプション.
  • 新しい結合項目、IS NULLIS NOT NULLがコード補完に含まれるようになりました。
  • 新しいインテンションアクション.
  • Force Refresh(強制再読み込み)アクションを追加しました。

詳細については、「DataGrip 2019.2の新機能」をご覧ください。

その他の機能

その他の機能

  • すべての接続、設定などを単一のコントロールパネルで提供する新しいServicesツールウィンドウを実装しました。
  • TextMateの言語文法を組み込むことで、シンタックスハイライトが20種類以上のプログラミング言語で利用できるようになりました。 言語の完全なリストは、Editor | TextMate Bundles以下のPreferences/Settingsで確認できます。
  • "import namespace" の提案とコード補完リストからメンバーを除外できるようになりました。
  • 新しいシステム通知は、‘Build Solution’ または ‘Run Unit Tests’ アクションが完了したときに通知を行います。
Yet more features

Yet more features

  • すべてのフィルタは、Memory allocationsexceptionsなどのタイムラインスナップショットでご利用いただけます。
  • Find in PathダイアログのScope Chooserに新しい範囲(Recently Сhanged filesRecently Viewed filesData Sources)が追加されました。
  • Build, Execution, Deployment | Unit Testing | MSTest 配下のMSTest設定ページ上に“Visual Studio path” フィールドに定義済みのオプションが追加されました。
  • 開いている階層内にあるすべての外部型を表示するボタンが追加されました。
ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2019.1

WinFormsデザイナー

WinFormsデザイナー

このリリースでは、WindowsフォームアプリケーションのUIを作成、監視、変更するのに役立つ待望のWinFormsデザイナーを導入しました。

WinForms Toolboxウィンドウには、フォーム領域に追加可能なコントロールが表示されます。 このToolboxには、Visual Studioと同じデフォルトのコンポーネント一式が用意されています。 さまざまなコントロールをToolboxからデザイナー領域にコピーまたは貼り付けたり、コントロールのサイズ変更や移動を行ったりできます。 また、タブの上部にある検索フィールドを使ってコンポーネントを簡単に検索できます。

新しいWindows Form Applicationプロジェクトテンプレートのほか、formsuser controlscomponents用のファイルテンプレートもご利用いただけます。

制限事項としては、Toolboxからフォーム、VB.NET WinFormsアプリケーション、サードパーティー製のコントロールへのドラッグアンドドロップはサポートされていませんのでご注意ください。

詳細については、「RiderでのWindows Formsアプリケーションの開発」をご覧ください。

Edit & Continue(編集 & 続行)

Edit & Continue(編集 & 続行)

このリリースで実装された次に待ち望まれていた機能はEdit & Continue(編集と続行)です(Windowsのみ)。 この機能は、アプリケーションがブレークポイントで停止している間にソースコードに変更を適用するのに役立ちます。 再開すると、変更は自動的にコードに適用されます。 すべてを再コンパイルした後にデバッグセッションを再起動する必要がないため、これは大幅な時間節約になります。

詳細については、「編集と続行、Just-In-Timeデバッグ、その他のデバッガの改善」をご覧ください。

Cross-platform code coverage

macOSおよびLinux上でのパフォーマンスプロファイリングとコードカバレッジ

Unixシステムをご利用の皆様に朗報です。コードカバレッジパフォーマンスプロファイリングをmacOSとLinuxでご利用いただけるようになりました。 ただし、一部制限があります。2019.1では、継続的テストを含むユニットテストのカバレッジ解析は.NET Core 2.0以降のアプリケーション(ただし、Mono / Mono Unityアプリケーションを除く)でのみご利用いただけます。 現在、パフォーマンスプロファイラはMono 5.6以降およびMono Unity 2018.3以降のアプリケーション(ただし、.NET Coreアプリケーションを除く)をサポートしています。

詳細:

ブレッドクラム

ブレッドクラム

エディタのブレッドクラムがC#、VB.NET、F#ファイルをサポートするようになりました。 パンくずリストはカーソルが現在のドキュメントの構造上、どこにあるのかを素早く把握するのに役立ちます。

ソースコード内の親要素にジャンプするには、パンくずリスト内のその名前をクリックします。 C#、VB.NET、またはF#ファイル内の名前空間要素をクリックすると、その名前空間が使用されているすべてのファイルに移動できます。

パンくずリストはエディタの下(デフォルト)または上のどちらかに表示できます。

詳細については、「パンくずリスト、構造ナビゲーション、パラメータ情報ツールチップ、その他Riderにおけるエディタの改善点」をご覧ください。

ブレッドクラム

IL Viewer

ReSharperのIL ViewerツールウィンドウをRiderに導入しました! IL Viewerは、現在エディタで開いているクラスまたはメソッドのIL命令を表示します。 エディタとIL Viewerが同期するようになりました。コード内のシンボルにキャレットを置くと対応するILがハイライト表示されます(逆も同様)。 IL命令にマウスを移動すると、RiderはMSDNECMA-335標準(パーティションIII:CIL命令セット)から取得した説明を含むツールチップを表示します。

詳細については、「ガターからの静的メソッドの実行、IL Viewer、各種SDKのインストールとその他Riderにおける改善点」をご覧ください。

Xamarinサポート

Xamarinのサポートレベルを引き上げました

Xamarinアプリ開発者の皆様に朗報です。当社はVisual Studioのライセンスやインストールを必要とせず、Windows/macOS環境でのXamarin開発を実現する独自のJetBrains Xamarin SDKを作成しました。 このSDKはMicrosoft社オリジナルのSDKと同じソースを使用していますので、オリジナルのSDKと同じようにJetBrains Xamarin SDKをお使いいただけます。

もう一つの朗報ですが、RiderがXamarinと直接統合されました! この統合により、XcodeのInterface Builderを使用し、XamarinアプリケーションでmacOSプロジェクトのユーザーインターフェースを作成できるようになりました。

XamarinのAndroidサポートに2つの変更を加えました。 まず、その機能がプラグインリポジトリから入手可能なバンドル対象外のプラグインに取り込まれました。 これらの魅力的な機能すべてを手に入れるには、まずこのプラグインをインストールする必要があります。

また、RiderでAndroidプロジェクトを初めて開いた際にAndroid開発に必要なすべてのSDKをインストールできるようにする新しいAndroid SDKウィザードが搭載されました。

パフォーマンスの改善

パフォーマンスの改善

Rider 2018.3をリリース後、パフォーマンスに関するご意見を多数お寄せいただきましたので、当該部分の改善に注力いたしました。

  • XamarinのAndroidサポートを個別のバンドル対象外のプラグインに移動したため、Riderアイコンをクリックしてからプログレスバー付きのスプラッシュ画面が表示されるまでの時間が大幅に短縮されました。 また、インストーラのサイズが150MB再現されるというメリットも生じました。
  • 過去のあるリリースでは、Rider用のNGen(ネイティブイメージジェネレータ)バイナリの起動に失敗していました。 結果的として、Windows上のRiderでソリューションを開く場合は8秒余計にかかっていました。なぜなら、ランタイムでJITコンパイルプロセスを実行する必要があったからです。 現在、NGenを再び実行できるようにし、各ソリューションを開く際の8秒を取り返しました。
  • 2種類のウォームスタートの最適化を行いました。JavaScript/TypeScriptのサポートでReSharperのエンジンの使用を廃止し、プロジェクトモデルの読み込みを非同期にしました。 その結果、ウォームスタートが大幅に高速化(最大2倍)されました。
  • ReSharperの言語サービスの読み込み時間を3秒高速化するため、Early Backend Loadを実装しました。 “Reopen last solution on startup” 設定が有効になっているか、あなたが猛烈な速さでWelcome画面のソリューションを1秒未満でクリックできるのであれば違いにお気づきになるかと思います。
Razor support

Razor support

Razorページにあったウェブ関連言語(JavaScriptやCSSなど)に関するすべてが、<0>ReSharperエンジンからWebStormエンジンに移されました。 これにより、優れた最先端のフロントエンド技術とフレームワークのサポートを受けられるようになります。具体的には、RazorビューでEmmetがサポートされ、Angular、React、Vue.js、Meteorに対する高度なコーディング支援を利用できます。

RazorビューはReSharperのウェブサポートが使用された最後の場所であったため、現在はWebStormエンジンのみがJavaScriptとCSSを解析します。 ReSharper関連のアセンブリがRiderの起動時に読み込まれなくなったため、ソリューションの読み込み時間とRiderの起動時間の両方が高速化しました。

IIS Expressのサポート

ASP.NET Core用のIIS Express

このリリースではIIS Express内のASP.NET Coreアプリを実行し、デバッグできます。 IIS Expressをサポートするため、launchSettings.jsonのサポートも拡張されました。 必須コンポーネントも含め、IIS Expressがインストールされているかどうかを確認できる設定ページが追加されました。

また、Riderは信頼されたSSL証明書が設定されているかどうかを確認し、設定されていない場合は自己署名証明書を生成できるようにします。

詳細については、「IIS ExpressでのRiderを使用したASP.NET Coreアプリの実行とデバッグ」をご覧ください。

Rename for F#

F#のシンボルに対応したソリューション全体のRename

F#定義シンボル対応のRenameリファクタリングが、C#プロジェクトとVB.NETプロジェクト内の使用箇所も含め、ソリューション全体<0>に対して機能するようになりました。 Riderはこの機能を提供する史上初のIDEです。

この待望のRenameリファクタリングに加え、RiderのF#にはNavigationFind Usagesのような他サブシステムの便利な新機能(ただし、これらに限定されない)が大量に提供されています。 更新内容の完全なリストは、「GitHubのページ」でご確認いただけます。

初期のC#8サポート

初期のC#8サポート

新しい言語機能のほとんどがすでにサポートされています。例えば:

  • 終了式の範囲とインデックス
  • Null-coalescing assignment(Null結合代入)
  • Switch
  • switchステートメントのタプル式
  • 静的ローカル関数
  • 非同期ストリーム
  • Null許容参照型
  • 再帰的パターン
  • using宣言

最新の言語バージョンの機能をサポートするため、null許容注釈の入力支援機能が強化されました。

Code Editor update

Code Editor update

コードエディタ回りの変更内容を簡単に見ていきましょう。 拡張されたParameter Infoツールチップでは選択したオーバーロードのXMLドキュメントが表示され、さらにカラー化が進み、その他のさまざまな改善が行われています。 WebStormとDataGripから取り込まれたインテンションは、言語インジェクションを含むファイル向けのAlter+Enterメニューで主要な機能となりました。

さらに、ReSharperの構造ナビゲーションは、RiderにおけるTabを再び素晴らしいものにしています。 TabおよびShift+Tabキーを使うと、マウスやカーソルキーを使用することなくテキストの選択領域を素早く前後に移動することができます。

コードフォーマッタに複数の有用な改善が行われました。

  • 新しい入力支援により、Backspaceでコードのインデントを解除できます(IntelliJ IDEAと同様)。
  • コードフォーマット設定をEditorConfigファイルに保存できるようにする “Export settings to .editorconfig” ボタンがあるため、 Riderを使用しない同僚と同じ設定を共有できます。
  • Systemを含むすべてのusingディレクティブを並び替えることができます。
  • usingディレクティブの並び替えは、Visual StudioとStyleCopの動作と互換性があります。

詳細については、「パンくずリスト、構造ナビゲーション、パラメータ情報ツールチップ、その他Riderにおけるエディタの改善点」をご覧ください。

Huge Unit Testing update

Huge Unit Testing update

当社はリリースのたびにRiderのユニットテスト対応を強化しており、2019.1も例外ではありません。

  • ユニットテストのサポートにより、パフォーマンスが向上し、メモリ使用量が少なくなります。
  • ユニットテストに関連するすべてのウィンドウに、ユニットテストのツリーをグループ化するための新しいグループ化ルールを実装しました。
  • Unit Test SessionウィンドウにはSessionプログレスバーのほか、新しい ‘Track Running Test’ モードと ‘Hide Empty Test Filters’ モードが実装されました。

詳細については、「ユニットテスト関連の改善」をご覧ください。

Improved Unity support

Improved Unity support

いつものように、RiderにおけるUnity対応がさらに優れたものにしました。

  • Unityエディタ用のdotTraceパフォーマンスプロファイリングを実装しました。
  • Unityイベントハンドラとして使用されているメソッドやプロパティの名前を変更すると、テキストベースのシーン、アセット、およびプレハブ内の使用箇所の名前も変更されるようになりました。
  • Unityエディタで実行中の編集モードの単体テストをワンクリックでデバッグできるようになりました。
  • パフォーマンス的に重要なコンテキストとインジケーター(Rider 2018.3で導入済み)が複数のファイルにわたって機能するようになりました。 Updateなどのメソッドから直接使用されるすべてのメソッドがハイライト表示されるようになりました。
  • プロジェクトのルートに外部フォルダを持つUnityプロジェクトのインデックス作成のパフォーマンスを改善しました。
  • ファイル内検索が参照先パッケージの内容を検索できるようになりました。
  • ECSを初めてサポートしました。ECSが暗黙的に使用している型とフィールドが、使用中としてマークされるようになりました。
  • ベクトルの乗算が最も効率的な順序で実行されることを確認するような新しいインスペクションを実装しました。
  • また、イベント関数のコード補完の強化、デバッグをクリックした際のUnityエディタの自動起動、バージョン管理システムから最新ファイルを取得した後やテスト実行前のアセットの更新などの細かな改善や修正を多数行っています。

詳細については、変更ログをご覧ください。

IDEの改善

IDEの改善

  • .NET CoreやMono SDK/ランタイムなど、IDEから直接ダウンロードおよびインストールする追加コンポーネントを選択するにはSettings/Preferencesの新しいEnvironmentページを使用してください。
  • Windows OSでネイティブなファイルダイアログが使用されるようになりました。
  • Riderがカスタムテーマをサポートするようになりました。
  • 新しいナビゲーションポップアップ “Recent Locations” では、最近アクセスしたコード位置前後の数行がコードスニペット形式で表示されます。 (ブログ
  • Riderの全設定をJetBrains Account Cloud経由で同期できるようになりました。
  • ツールセットの設定ページを再設計しました。
  • MSBuildのグローバルプロパティを設定で設定できるようになりました。

詳細については、「ガターからの静的メソッドの実行、IL Viewer、各種SDKのインストールとその他Riderにおける改善点」をご覧ください。

VCSサポート

VCSサポート

バージョン管理のサポートが複数の方法で改善されました。

  • FixupSquashアクションがVCSログに追加されました。
  • VCSログのコミットからファイルの一部のみを選び出せるようになりました。
  • 受信・送信コミットが示されるようになりました。
  • 削除された退避済みファイルは復元できます。
  • 部分的なGitコミット用の新しい ‘Uncheck all’ チェックボックスを実装しました。
  • 差分ビューアで比較対象ファイルの左右を切り替えられるようにしました。
ウェブ開発

ウェブ開発

ウェブ開発にご関心のある方は、次の新機能や改善内容にご満足いただけるかと思います。

  • Related symbolアクションを使用してAngularプロジェクトでより簡単に移動できるようになりました。
  • .vueファイル内のTypeScriptのサポートを強化しました。
  • 新しいデバッガコンソール
  • TypeScriptで書かれたCucumberテストをサポートしました。
  • 複数のリンター設定を持つプロジェクトでのESLintとTSLintのサポートを強化しました。
  • Less 3.0機能のサポート
  • JavaScriptとTypeScript用の新しいインテンションとインスペクション。

詳細については、「WebStorm 2019.1の新機能」をご覧ください。

データベースサポート

データベースサポート

  • 新しいデータベース(GreenplumVerticaSnowflakeApache Hive)に対応しました。
  • コード補完で、CREATEDROPを組み合わせた文がサポートされるようになりました。
  • パスワードをまったく保存しない新しいオプションが追加されました。
  • 新しいインスペクションをご利用いただけるようになりました。
  • データベースツリー表示に複数の更新を行いました。

詳細については、「DataGrip 2019.1の新機能」をご覧ください。

Azure Functions

Azure Functions

当社は過去数週間、Azure Toolkit for Riderのリリースに多数の改善を活発に行ってきました。 Rider 2019.1ではAzure Functions (V2)のほか、C#とF#のプロジェクトとアイテムテンプレートが新たにサポートされ、IDEから直接デバッグとデプロイを行えるようになりました。

また、SQLデータベース関連の機能を改善し、ファイアウォールルールの追加や新規データベースサーバー・新規データベースの作成を新たにサポートしました。

Tutorials on the Welcome Screen

チュートリアル

Riderを始めるための新しい方法として、チュートリアルを導入しました。これにより、Riderの最も重要な機能を学ぶことができます。 このリリースでは、エディタのショートカットデバッグRun/Debug構成の使用VCSユニットテストに関するチュートリアルをご覧いただけます。

これらのチュートリアルは、Riderが起動した後のWelcome画面でアクセスできます。 チュートリアルは、Help | Tutorialsメニューから実行することもできます。

Other updates

Other updates

  • 公開機能で、ASP.NET Classic(非コア)ウェブアプリをローカルフォルダに公開、またはFTP経由で公開(Windowsのみ)できるようになりました。
  • RiderをWindowsでJITデバッガとして設定できるようになりました。
  • Run Configurations:プロジェクトの静的メソッドと実行構成を、テキストエディタのガターマークから直接実行できるようになりました。
  • より高度なプロファイリング設定により、プロファイル設定の柔軟性が増しました。
  • Webリファレンスのサポートを強化しました。
  • .NET Coreのバージョンを新規プロジェクトを作成する際に定義できるようになりました。
  • MSBuildのプロセスが何らかの理由で強制終了された場合に、自動的に該当プロセスを再起動するようにしました。

詳細については、「ガターからの静的メソッドの実行、IL Viewer、各種SDKのインストールとその他Riderにおける改善点」をご覧ください。

ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2018.3

Code Vision

Code Vision

Code Vision is a new way to see useful information about your code right in the editor, with additional actions required. In this release, Code Vision shows usages, version control info, derived types, extension methods, and exposing APIs, as well as a couple of Unity-specific metrics. We are going to add more metrics in future releases.

Learn more: Code Vision in Rider: Enriching the Editor with Contextual Information and Navigation.

SSH経由のリモートデバッグ

SSH経由のリモートデバッグ

Rider 2018.3 makes it possible to remotely debug .NET Framework, .NET Core, and Mono applications. Use the new action Attach to Remote Process... to see all processes running on the remote machine. Once you select a remote process, Rider will attach the debugger to it letting you pause execution, place breakpoints, and so on.

リモートデバッグに加えて、Riderのデバッガでは以下の機能を提供しています。

  • A brand new engine for the expression evaluator under the hood, which lets you use the latest C# syntax in debugger watches.
  • Support for pointer operations in the Watches tool window, including arithmetic, dereferencing and others.
  • 変数を検査する際、コンテキストメニューで数値の10進数表記16進数表記を切り替えることができます。

Read more: Remote debugging comes to Rider 2018.3.

Rename Project リファクタリング

Rename Project リファクタリング

Renaming a project manually can be a nightmare – lots of things need to be updated to reflect the new name, and you have to remember them all. この苦労を軽減するため、新たにRename Projectリファクタリングという解決法をご用意しました! Get it done automatically with a minimum effort and never look back.

詳細については、「プロジェクト名の簡単な変更方法 – Rider 2018.3の新しいリファクタリング」をご覧ください。

Assembly Explorer(アセンブリエクスプローラー)

Assembly Explorer(アセンブリエクスプローラー)

This is a long-awaited feature that existed in ReSharper for some time but was missing in Rider until now. Use it to open multiple assemblies, and to traverse and explore all open assemblies. この機能はSolutionビューやFile Systemビューのほか、Explorerウィンドウでビューとして利用できます。 Note also the View in Assembly Explorer context action for referenced assemblies, which can help you open them in the Assembly Explorer view.

To learn more, see Rider 2018.3 assembly explorer and cross-platform .NET decompiler.

Launch settings

Launch settings

If a project contains one or more launchSettings.json files, Rider 2018.3 auto-imports the launch profiles defined in these files and creates run/debug configurations for them.

This release also comes with editor support for launchSettings.json files. Syntax highlighting, code analysis, and code completion are available.

To learn more, see Using .NET Core launchSettings.json to run/debug apps in Rider.

IDE update

The Search Everywhere popup has been completely redesigned and now looks more modern.

The new Plugins pages in Preferences/Settings gets updated:

  • It makes managing IDE plugins easier: search, install, update, or uninstall.
  • Search for plugins works not only by name but also by tags, and the results can be sorted by downloads, name, rating, featured, or updated date.

To learn more, see Redesigned Search Everywhere, Plugins, Templates and more in Rider 2018.3.

C# language support

C# language support

C# language support has been significantly improved:

  • Inline parameter name hints made it right to the editor to make C# code more readable.
  • Improved C# 7 deconstruction support includes new/updated inspections, quick-fixes, and context actions. Go To Declaration/Implementation now supports deconstruction declarations.
  • A lot of code inspections, quick-fixes, and context actions for parameterized NUnit tests.

Learn more: What's new in ReSharper 2018.3.

Visual Basic .NET support

Visual Basic .NET support

The following features of VB.NET 15.3 and 15.5 are supported:

  • 名前付きタプルの推論。
  • Leading hex/binary/octal separator.
  • 末尾以外の名前付き引数。
  • Private Protectedメンバーのアクセス修飾子。

We added inline parameter name hints and a quick-fix Set Visual Basic language version which behave similarly to their C# counterparts.

Learn more: What's new in ReSharper 2018.3.

ウェブ開発

ウェブ開発

This release has a solid set of new features for web development:

  • Improved Angular support.
  • Multiline TODOs in JavaScript and TypeScript.
  • TypeScript 3.1 features: mappable tuple and array types, and new property assignments.
  • null と undefined チェックの改善。
  • Node.jsワーカースレッドをデバッグできるようになりました。
  • Newly added intentions: Extract ruleset, Replace var() with its fallback value, and Convert a function to a variable holding arrow function.
  • Option to use a custom severity level for linters.

詳細については、「WebStorm 2018.3の新機能」をご覧ください。

VCSサポート

VCSサポート

With better Version Control support, now you can:

  • Manage GitHub Pull Requests right in the IDE.
  • Work with Git Submodules. Rider fetches all git repositories in the project in parallel during the project update.
  • Use advanced navigation in the VCS Log.
  • See a Diff Preview on the File History tab of the Version Control tool window.

Learn more:  IntelliJ IDEA 2018.3: GitHub pull requests and more.

Android development

Android development

Riderは、AndroidをターゲットプラットフォームとするXamarinソリューションやUnityソリューションを開発されている方を支援します! Riderには、次のようなAndroid開発に役立つAndroid Studioの多数のツールや機能を搭載しています。

  • WYSIWYGデザイナーとAXML/Androidマニフェストファイルに対応したコード補完。
  • LogcatコマンドラインツールとAndroid Profiler。
  • SDK/AVD Manager、Device File Explorer、Layout Inspector。
NuGet support

NuGet support

このバージョンにおけるNuGet対応の改善の大部分は、内部的に行われました。 見た目で確認できる改善点には次のようなものがあります。

  • NTLM/Windows認証を使用するNuGetサーバー(Windows環境)をサポートしました。
  • ReSharpeでおなじみのFind this type on nuget.orgアクションを、未解決シンボルのAlt + Enterメニューから呼び出せるようになりました。
  • 必須パッケージを不足している場合に、新しいクイックフィックス(Install missing .NET Core Adapter)をユニットテストファイルで使用できるようになりました。
  • NuGet Completion ServiceをベースにしてNuGetウィンドウ内のパッケージ検索を改良し、高速化しました。
  • NuGet.configファイルに応じて、NuGetウィンドウにより多くのNuGetフォルダが表示されるようになりました。
  • Propertiesダイアログで、プロジェクトをNuGetパッケージにするのに必要なすべての情報を保管できる新しいNuGetページを利用できるようになりました。

詳細については、ブログ記事「不足パッケージの追加、検索の高速化、Rider 2018.3におけるNuGet関連のその他の改善」をご覧ください。

言語インジェクション

言語インジェクション

SQL, CSS, HTML, JSON, regular expressions, JavaScript, and many other language injections now cover C# string literals. SQL language injections are automatically added based on the string content, and you can now manually mark any string literals with //language=LANGUAGE comments.

To learn more, see SQL inside C# strings, fragment editor, run query in console – Language injection updates in Rider 2018.3.

統合されたパフォーマンスプロファイラ

Rider gets an integrated performance profiler. For now, the profiling features are available on Windows, while on Linux you can only analyze performance snapshots.

To learn more, see Performance profiling .NET code in Rider with integrated dotTrace.

F# support

F# support

We introduced brand new F# lexers for both IntelliJ IDEA’s frontend and ReSharper’s backend. Required for several existing features, these lexers will help us further improve language support.

In this release, the new backend lexer helps us get rid of a lot of hacks. It implements the following cool features the right way, using the full power of ReSharper’s backend:

  • New typing assists for brackets, quotes, and auto-indent on pressing Enter.
  • Rename refactoring works for local symbols.
  • New inspection to find Unused opens and the corresponding quick-fix.

Finally, new grouping types are available in Find Usages: New instance creation and Pattern when you search for usages of Discriminated Unions cases, and Type specifications when you search for type usages.

Project and file templates

Project and file templates

New project and file templates are available:

  • UWP project templates added.
  • Xamarin-related project templates updated.
  • New file templates for app.config / web.config / appSettings.json files.

To learn more, see Redesigned Search Everywhere, Plugins, Templates and more in Rider 2018.3.

Azure Toolkit for Rider

Azure Toolkit for JetBrains Rider is an open-source plugin that helps .NET developers easily create, develop, configure, test, manage, and deploy web apps to Azure directly from Rider, and work with such resources as storage, Redis cache, and virtual machines.

You can now work with Azure SQL Database, and we’ve also added support for Cloud Shell.

To learn more, see:

データベースサポート

データベースサポート

Courtesy of JetBrains DataGrip, Rider’s database support is enhanced in the following ways:

  • We’ve added support for one more NoSQL database - Cassandra.
  • Generate SQL files for the selected objects.
  • PostgreSQLの拡張機能のサポート.
  • Several improvements in SQL code completion.
  • Postfix completion has been introduced.
  • 単一接続モード。

More details: What's new in DataGrip 2018.3.

その他の機能

  • Zero-latency typing is here! Even for smart typing assists that do long tasks like reformatting code, Rider UI won’t be blocked and the code editor stays smooth and responsive. All asynchronous changes from Rider’s backend will be merged in a magical way later when they are complete.
  • We refactored and optimized the loading assemblies stage to speed up solution loading.
  • The High-contrast color theme is available.
  • Ctrl+Click on an entity declaration now shows usages.
  • Four new refactorings added: Move to Resource, Inline Resource, Move Resource, and Rename Resource.
  • You can set environment variables for executing unit tests under File | Settings | Build, Execution, Deployment | Unit Testing | Test Runner.
  • XSLT Debugger is now available.
  • To-do color settings are finally applied to the code editor, and To-do items can now be grouped by project.

To learn more, see Redesigned Search Everywhere, Plugins, Templates and more in Rider 2018.3.

Yet more features

Yet more features

  • You can explore the inheritance hierarchy of types via Navigate | Type Hierarchy.
  • Roslyn Analyzers properly run on .NET Core if MSBuild is not installed.
  • Syntax highlighting, inspections, and other analyses in .editorconfig files.
  • A new action, Build only this project without dependencies, can be handy if you have a custom build system.
  • Projects get reloaded if an MSBuild import was changed.
  • Both Directory.Build.props and Directory.Build.targets are supported.
  • Copy Reference to help you copy the fully qualified name of a code entity (select Edit | Copy Reference).
  • Tab/ShiftTab indentation now behaves like it does in Visual Studio. Pressing Tab or ShiftTab aligns the code to the closest indentation (when the indent is set in spaces).
  • Open in Rider action was added to the File Explorer context menu. It works only on Windows and only if Rider was installed via the installer (and not via Toolbox App).

To learn more, see .editorconfig updates, more build options, better Roslyn support in Rider 2018.3.

Another huge update for Unity

Another huge update for Unity

Our Unity support took one more giant leap in this release, with some very exciting new features.

First, we’ve introduced performance indicators. Rider will highlight event functions that are called each frame, such as Update, FixedUpdate, and LateUpdate, as well as coroutine methods.

Second, we’ve extended our Find Usages with data pulled from Unity scenes, assets, and prefabs. If you search for a class or method used as an event handler, Rider will show where it’s used in your Unity files, grouped by type, component name, and parent game objects. Even better, double clicking the item will highlight the usage directly in the Unity Editor.

Pulling this information from Unity files also means that Rider will now correctly highlight event handler methods as being implicitly used. We’ve moved the implicit usage highlights from the text editor gutter icons and turned them into Code Vision links, so you can see at a glance what classes, methods, and fields are implicitly used by Unity. また、リンクをクリックするとUnityファイル内の使用箇所も検索できます。

The debugger learned more about Unity, too, and is now able to show extra data for Unity objects. It can also give you data for raw pointers, which is helpful for examining native containers in ECS jobs.

ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2018.2

デバッガの機能強化

デバッガの機能強化

Rider now displays call stacks that make use of modern C# features in an understandable way, including generic types, async function names, constructors, static methods, and other type information.

We’ve added thread-specific breakpoints to simplify the debugging of multi-threaded code. You can edit a breakpoint (using the context menu) and suspend only on a specific thread. The breakpoint will then only be hit when it is reached in the particular thread you are interested in.

The debugger includes a few other updates, too:

  • Inspecting and expanding unsafe pointers is supported.
  • Smart Step Into now correctly handles methods that are decorated with the [DebuggerStepThrough] attribute.
  • Debugger.NotifyOfCrossThreadDependency is supported.
  • We’ve added an option to automatically refresh all watches in the debugger tool window on every debugger pause.
  • Types in the Memory View window are now formatted in C# style instead of the CLR style

To learn more, see More meaningful call stacks, thread-specific breakpoints and other debugger improvements.

IISまたはFTPへの公開

IISまたはFTPへの公開

Rider introduces two new run configurations: Publish to IIS and Publish to custom server. Both serve the purpose of deploying our ASP.NET Core web application to a local or remote server, but they use different means to do this:

  • Publish to IIS uses MSBuild and MSDeploy to package and publish our application. This run configuration type can deploy our ASP.NET Core web application to local and remote IIS and to Kudu (Azure Web Apps), as well as create an MSDeploy package. Publish profiles come as .pubxml files.
  • Publish to custom server uses MSBuild and Rider’s built-in tooling to upload our application artifacts. This run configuration type supports using FTP and FTPS/SFTP to get our application out there. It is supported on Windows, Mac OS X, and Linux.

Right now, only publishing of ASP.NET Core Web projects is supported. Additionally, using the Publish to IIS run configuration type to deploy to IIS will only work on Windows.

To learn more, see Publishing ASP.NET Core web applications to IIS, FTP, and more with Rider.

Docker support has reached the debugger

Docker support has reached the debugger

Rider now supports debugging ASP.NET Core apps in a local (Linux) Docker container. Attaching the debugger to a Docker container helps validate our application locally in a Linux Docker container, which should closely resemble production.

Just like with debugging on our local machine, Rider allows inspecting variables, stack frames, and threads, as well as stepping through both our own code and decompiled third-party code.

Right now, only ASP.NET Core web applications may be debugged on Linux Docker containers. While Rider allows debugging containers that are built from a Dockerfile, it does not yet support debugging containers that are created using Docker compose (docker-compose.yml).

To learn more, see Debugging ASP.NET Core apps in a local Docker container.

Solution Explorer redesign

Solution Explorer redesign

A new toolbar lets us easily toggle the option to show all files, which will reveal all other files that are not part of the project model (highlighted in brown). The next two buttons allow us to synchronize the solution explorer and editor. Autoscroll to source reveals the selected files in the editor, while autoscroll from source selects files whenever we navigate from one file to another.

Rider 2018.2 introduces the File-system view in addition to the Solution view, which shows the actual file-system structure underneath our solution file. Items marked with no index are excluded from index-based features such as global text search or todo indexes. We’ve also merged the scratch view into both Solution and File-system views, which makes for easier access to recently created scratch files.

We’ve added a dialog to make configuring custom file nestings a lot easier. They work with SDK-based project files and the older format equally well, without any further requirements. With Rider 2018.2, file nestings can also be applied by using drag & drop from the file that should be nested to the new parent file.

With the latest version, there is also an option to show folders always on top, which may be a more natural presentation for some of us.

To learn more, see Solution Explorer and Project Model updates in Rider 2018.2.

コード補完

Code completion improvements

Rider now uses ReSharper’s statistics-based scoring algorithm to provide code completion. One of the key aspects of this is that Rider now keeps track of how many times a given code suggestion was used. The more a suggestion is used, the more likely it will be to show up in code completion.

We’ve expanded code completion to several places where it would be handy to get some help from Rider: scratch files, debugger watches, and C# Interactive. Just like when writing code in a regular C# or VB.NET file, Rider provides code completion as well as method info and parameter hint popups.

We’ve also added a handy feature for when you are trying to access a pointer type’s members in an unsafe context and the -> operator must be used instead of the . (dot). To help prevent unsafe code, Rider will detect it whenever we use the wrong operator, and when completing code, will use the correct one instead.

To learn more, see Code completion improvements in Rider 2018.2.

Unit test coverage and continuous testing

Unit test coverage and continuous testing

With each Rider release, we do our best to bridge the gap between Rider and the ReSharper Ultimate bundle. The top in-demand feature has certainly been Rider + dotCover; integration. In addition, Rider 2018.2 has unit test code coverage and support for continuous testing. dotCover is provided as a bundled plugin for Rider and installed along with Rider automatically.

All critical functionality is available:

  • “Classic” unit test code coverage analysis using Coverage Tree and code highlighting. Everything looks and feels exactly the same as in Visual Studio with ReSharper Ultimate.
  • Continuous testing in Rider is no different from ReSharper Ultimate. Simply enable it for the desired session, change the code, and build or save the project (depending on the preferences).

Please note that only Windows is supported at this time. Support for Mono is still a work in progress and not included in 2018.2.

詳細については、「ユニットテストのカバレッジと継続的テストを Now in Rider!

Templates Explorer

Templates Explorer

One of the most wanted features which has been missing from ReSharper is finally added to Rider. Now, you can manage, add, or modify Live/Surround/File Templates right in the Rider settings under Editor | Live Templates and Editor | File Templates.

Please note that creating multifile templates is not yet supported.

MacBook Touch Barサポート

MacBook Touch Barサポート

Just like the other JetBrains IDEs, Rider has support for the MacBook Touch Bar. You can do lots of actions directly from the Touch Bar: run, build and debug your project, commit changes, and update the project. The context-dependent buttons are displayed in the app-specific area in the middle of the Touch Bar interface. You can customize the Touch Bar contexts and buttons under the Preferences | Appearance & Behavior | Menus and Toolbars | Touch Bar page.

Besides this, you can make the Rider title bars darker on macOS (Preferences | Appearance & Behavior | Appearance | select Use dark window headers).

Additionally, Rider also comes with brand new icons. The main goal of these new cleaner, simpler icons is to reduce visual mess and increase the readability of the toolbar and tool windows.

C# 7.3 サポート

C# 7.3 サポート

Rider finally supports all features from the latest C# 7.3:

  • Declaration expressions in initializers and queries.
  • Tuple equality.
  • Ref割り当て。
  • UnmanagedSystem.Delegate、およびSystem.Enum制約。
  • Stackalloc配列初期化子。
  • パターンベースのfixedステートメント。
  • 移動可能な固定バッファーのインデックス化。

構文のサポートのほか、コードをC# 7.3に対応させるための新しいインスペクションや適切なクイックフィックスを追加しました。

詳細については、「ReSharperおよびRiderにおけるC# 7.3」をご覧ください。

Frontend development features

Frontend development features

TypeScriptのサポートが強化され、最新のTypeScript 2.9/3.0リリースの全言語機能がサポートされるようになりました。 また、RiderはTypeScript言語サービス自身によって提供されるその他のクイックフィックスを提供するようになりました。

次の機能も追加されました。

  • Reactコンポーネントの抽出と変換。
  • Angular CLIとの新しい統合。
  • Vue.jsでのイベントの補完。
  • AltEnterメニュー内に多数の新しいコンテキストアクション(例:Implement interfaceCreate derived classImplement members of an interface or abstract classGenerate cases for switchIterate with for..of)が実装されました。

詳細については、「WebStorm 2018.2」をご覧ください。

ReSpellerによるスペルチェッカーの統合

ReSpellerによるスペルチェッカーの統合

このリリースでは、スペルチェック機能を提供するReSpeller拡張機能を 追加しました。 まさにコード解析と同様に、ReSpeller識別子コメント文字列リテラル、およびその他のスペルミスや入力ミスをスキャンし、クイックフィックスを提供し、検出されたそれぞれの問題を解決できます。 ReSpellerは、Riderがサポートする多くの言語に対してデフォルトで有効化されています。 設定で “typo” と検索すると、各インスペクションの有効化/無効化と、その検出結果に対する重大度の変更を簡単に行えます(最終的にPreferences | Editor | Inspection Settings | Inspection Severityにたどり着きます)。

その後、AltEnterメニューを起動すると、ReSpellerからミスを修正するためのオプションが複数提示されます。 このメニューでは入力ミスを修正したり、新しい単語を ReSpellerの辞書に追加したりできます。

スペルチェッカーにはデフォルトで英語(米国)の辞書が組み込まれています。 スペルチェッカーはHunspellベースの辞書を使用しているため、お好みに応じて追加の言語をインストールすることができます。

詳細については、Integrated spell checking with ReSpeller in ReSharper and Riderをご参照ください。

ユニットテスト

ユニットテスト

このリリースでは新機能を追加し、いくつかの最適化を施しました。

  • Discovering and running tests in SDK-styled projects has become faster.
  • A new lock/unlock icon has been added to Unit Test Session toolbar, now you can lock a Unit Test session to prevent adding more tests.
  • Run and debug tests are now possible even on Mono on Windows.
  • It is possible to open the Unit Test Explorer window from the Navigate To menu
  • Unit testing related actions have been added into the default keymap.
NuGet support

NuGet support

NuGet support in Rider 2018.2 includes filter and format customization in NuGet logs, and advanced diagnostics which will help you to understand what happened if something with a NuGet package went wrong.

As well as this, we’ve added support for the AutoReferenced packages and TLS-1.2-only NuGet feeds.

Support for project.json-based projects has been discontinued since such kinds of projects are quite outdated and we think it is time for us to move forward.

C# Interactive update

C# Interactive update

In Rider 2018.2, a new Reference in the C# Interactive context menu is available for projects and assemblies. It does exactly what it says: references the selected project or assembly in C# Interactive. Rider will generate the load statement for us and execute it at once. The C# Interactive tool window also comes with its own toolbar button to help reference projects in the current solution.

Rider now supports attaching the debugger to C# Interactive and steps through our own code when invoked from C# Interactive. No more need to write a console application or a unit test to quickly debug a snippet of code. All we have to do is reference our project and start debugging it with C# Interactive!

To learn more, see Add references and debug code snippets in Rider C# Interactive.

F# support

F# support

File Templates now work inside F# projects, generating files with boilerplate code is now as easy as it is in C#.

FSharp.Compiler.Service has been updated to receive several F# 4.5 features/changes, the most notable of which are:

  • Span support.
  • match! keyword.

And last, but not least, the interop with C# projects has been improved, including the following F# 4.1 features:

  • Struct annotations for Records and Unions.
  • Implicit Module suffix.
Improvements in Unity support

Improvements in Unity support

Outstanding Unity support in Rider becomes even more outstanding!

We’ve introduced full support for Unity Assembly Definition Files (.asmdef): JSON schema validation, code completion, Find Usages, Rename refactoring, Navigation on references elements, AsmDef file templates, and inspections/quick-fixes for self-reference and file name/assembly name mismatch. Also, Rider now supports Roslyn C# compiler response files (csc.rsp)

We’ve added an option to disable Unity Reload Assembles when Unity receives focus in Play mode (only for Unity prior to 2018.2, as 2018.2 has the same option natively).

From now on, you can open a Unity Editor/Player log directly in Rider, and here you have the actions available to filter and collapse similar log entries. All commands are available under the cog menu in the Unity Log tool window

Code Analysis has been significantly improved. There are lots of new inspections and appropriate quick fixes to improve your Unity code, and we have made a bunch of bug-fixes, most notable of which is the invalid warning for this == null in Unity types.

In addition to all this, support for debugging remote players has been improved, and Packages and Scratches nodes have been added to Unity Explorer.

その他の機能

その他の機能

  • A new Generate GUID action is available.
  • We’ve introduced initial support for .ruleset files. Enable it by going to File | Settings | Editor | Inspection Settings and selecting the check-box Read settings from editorconfig and project settings.
  • Settings from stylecop.json are no longer ignored and are taken into account during analysis.
  • VCS support now has several new features, such as: Resolve of merge conflicts with a new Merge Conflicts node in an easier way, enhancements in VCS Log tab, and explore the state of the repository based on any given revision.
  • Custom tools can now be specified for a file extension in Settings.
  • We’ve added more colors to the Parameter Info popup and the Summary tooltip for IntelliSense in C# and VB.NET
  • The Build settings icon is available on the toolbar in the Build tool window, leading you to the settings page Build, Execution, Deployment | Toolset and Build.
  • A Runtime arguments field has been added to .NET-related templates on Run/Debug Configuration for passing custom parameters to runtime.
  • The Re-run action is now available on the Find Usages tab.

To learn more, see Generating a GUID in Rider, colored parameter info, custom runtime arguments in Rider 2018.2.

ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2018.1

Roslyn analyzers support

Roslynアナライザ

Rider provides over 2400 code inspections in all supported languages to help you detect errors and code smells. In this release cycle, we have added even more power to improve your code quality – with Roslyn analyzers. If you have Roslyn analyzers installed in your projects via NuGet or .csproj references, Rider will highlight them in the editor and let you apply quick actions (if available) via the AltEnter menu.

Support for Roslyn analyzers is enabled and included in Solution-Wide Analysis by default. Related settings can be configured under Editor | Inspection Settings | Roslyn Analyzers. All analyzers have configurable severity levels, which can be adjusted to your needs via a context menu or the AltEnter popup. The light bulb in the gutter will show the Roslyn logo so you can distinguish between Roslyn's and Rider's code analysis.

To learn more, see Roslyn analyzer support in Rider 2018.1 EAP.

Entity Framework support in Rider

Entity Framework

Rider 2018.1 brings initial Entity Framework support in .NET Framework projects. It is available under Tools | Entity Framework and includes the following functionality:

  • Support for the most popular versions of Entity Framework: 6.0 to 6.2;
  • Initial Setup, Enable Migrations, Add Migration, Get Migrations, and Update Database actions available as dialog boxes;
  • Smart code completion for fields in the dialog boxes filters the suggestions list and shows only applicable projects, types, and names.

To learn more, see Entity Framework support in Rider 2018.1.

Unity game view toolbar and Unity Logs tool window

Deeper integration with Unity

Rider's support for Unity gets better with every release. In this release cycle, we've focused on reducing the time you spend on context switching between Rider and Unity Editor.

You can now switch into and out of Play mode, and pause and step a single frame without leaving Rider! A new toolbar includes game view buttons Play, Pause, and Step, which correspond to the same buttons in Unity Editor and control the same behavior as Unity Editor does. A new small Unity icon in the status bar will indicate whether Unity Editor is connected, refreshing, or in Play mode. Edit modeでRiderに適用された変更は、即座にUnityエディタに送信されます。

The new Unity Logs tool window with hyperlinked stack traces lets you explore the same events that are logged in the Unity Editor console. It allows filtering by category (error, warning, or message), hides events based on when they were logged (in Play or Edit mode), and lets you easily navigate to any source file, class, method, or property mentioned in the log entry. Unity Logsは、Playモードに切り替わるたびに、自動的にその出力を消去します。

Rider 2018.1 also provides seamless integration with Unity Test Runner. Explore the results of your Unity-specific tests, filter by result, and click on stack traces to navigate to your code — all from within Rider.

Last but not least, we've added a Unity Explorer view that duplicates Unity Editor's view of assets, to make you feel right at home.

To learn more, see:

XAML preview

XAML preview

The WPF Application project type implemented in Rider 2017.3 has received a missing fragment — a built-in mechanism to preview the results of any change you make in XAML code.

XAML Preview settings are available under Tools | XAML Preview. It is possible to turn the preview off, set the quality of the rendered image, and configure transparency.

To learn more, see XAML preview tool window for WPF in Rider.

Memory view in debugger

Memory view in debugger

A new debugger feature called Memory View allows you to look under the hood of an application and explore the managed heap while debugging, to understand the effect of code on the application's memory space.

When the debugger hits a breakpoint, you can open the Memory View in a separate tab of the Debugger tool window. Rider will show the total number of objects in the heap, grouped by type name and bytes consumed. Double click on a class item to see all instances in a separate window. You can also get there from the code editor by hitting AltEnter on any class declaration and selecting Show instances of class.

Memory View works with the full .NET Framework (4.5+) as well as .NET Core. Mono is not supported yet.

To learn more, see Memory View – Exploring .NET memory while debugging with Rider 2018.1.

Exception popup in action

その他のデバッガの更新

Riderのデバッグ機能に相当数の素晴らしい改善が行われました。

  • 新しい例外ポップアップではより簡単に例外の詳細を確認できるようになりました。 このポップアップは発生した例外に関する基本的な情報を表示し、ハイライト表示された例外のスタックトレースを素早く検索できるようにします。 また、ポップアップ内から直接例外のブレークポイント設定を変更できます。
  • Smart Step IntoJump to Statementが集約され、これによって実行済みの呼び出しを再度実行できるようになりました
  • シンボルサーバーをサポートすることで、シンボルやシンボルサーバーの動作を設定できるようになりました。 具体的には、Build, Execution, Deployment | Debugger | Symbolsで設定できます。
  • RiderがDebugツールウィンドウのVariableビュー(別名「locals」)に戻り値のローカル変数のソースコードを表示できるようになりました。
  • デバッガのAttachウィンドウが、権限の昇格が必要な場合にプロセス名とIDを表示し、権限の昇格を提案するようになりました。 (注意:現在、これはWindows上の.NET Frameworkのみに動作します。)
  • ローカルプロセスへのアタッチが高速化されました。

詳細については、「例外ポップアップ、Smart Step Intoの改善、シンボルサーバー、Rider 2018.1 EAPにおけるデバッガに関するその他の更新」をご覧ください。

NuGetの改善

NuGetのプライベートフィードに対する認証のサポートを複数の方法で改善しました。

  • パッケージの復元が必要なソリューションを初めて読み込む際、Riderが認証プロンプトを自動表示し、Riderのパスワードストアに資格情報を保存するようになりました。
  • また、Rider 2018.1にはMyGetVisual Studio Team Services (VSTS)のような一般的なNuGetホスティングソリューションに対応した組み込みの資格情報プロバイダが実装されています。
  • カスタムの資格情報プロバイダを追加することもできます。 独自の資格情報プロバイダを作成したい方のために、GitHubにRider用のNuGet資格情報プロバイダプラグインの例を公開しています。

関連する変更として、NuGetの一括操作を初めてサポートしました。 NuGet Packagesタブのツールバーにある新しいボタンをクリックすれば、ソリューション内のすべてのパッケージを更新できます。 また、すべてのプロジェクトまたはいくつかのプロジェクト用にインストールされた任意のパッケージを必要なバージョンまでアップデートできるほか、それをワンクリックで削除することもできます。

詳細については、「Rider 2018.1 EAPにおけるNuGetのプライベートフィードに対応した資格情報プロバイダ」をご覧ください。

Custom MSBuild in toolset and build settings

Better understanding of projects and solutions

In this release, Rider has learned to:

  • Let you develop and build full .NET framework applications without an existing Visual Studio or Visual Studio Build Tools installation on a Windows machine using JetBrains redistributable of MSBuild. You can specify the Custom MSBuild under Build, Execution, Deployment | Toolset and Build | Use MSBuild version.
  • Support Web References: view web references in the Solution Explorer, discover and add WCF web references by URL, and remove existing web references.
  • Open and run Web Site projects with full support, including navigation, refactoring, code analysis, and so on.
  • Provide UI for editing project properties in .NET Core solutions.
  • Discover and auto-detect MSBuild more accurately.

To learn more, see:

Solution Explorer for F# project in dependency order

Evolving F# support

In F# projects, files are now arranged in dependency order, and you can drag-and-drop to reorder files in Solution Explorer. File re-ordering works for multiple files, so you can also move files before or after an existing directory.

F# scripting has been improved, too:

  • Code Completion, highlighting, and analysis work as expected.
  • Navigation commands such as Search Everywhere, Go to Symbol, Go to File Member, Find Usages, and Viewing File Structure all support scripts.
  • Smart Code Completion for files in #r and #load directives provides all the applicable files from subdirectories and inserts the relative path.

To learn more, see:

Support for C# 7.2

More changes from ReSharper

Rider doesn't forget about its roots and continues in the footsteps of its big brother, ReSharper. The list of features adopted from ReSharper 2018.1 includes:

  • Full understanding of C# 7.2 and improved support for previous C# versions.
  • Using EditorConfig to set inspection severities for any scope: solution, project, or a specific file. Use the option Read settings from editorconfig and project settings available under Settings | Inspection Settings | Enable Code analysis.
  • Code formatting inspections: Rider can now highlight code formatting violations right in the editor as you code. Not everyone is a fan of this behavior, which is why these inspections are disabled by default; to turn some or all of them on, go to Editor | Inspection Settings | Inspection Severity.
  • StyleCop support configurable under Editor | Code Style | StyleCop. Note that StyleCop configuration may override Rider's own code style settings.

To learn more, see:

Docker composeサービス

Even more changes from IntelliJ platform

Features inherited from IntelliJ IDEA 2018.1 include:

  • Docker support is now aware of multiple Docker Compose files, including docker-compose.override.yml, and allows choosing the services right away after choosing the configuration files in the run configuration.
  • Preview of regex replacement in the Replace in Path dialog.
  • New compact and lightweight documentation popup.
  • Windows環境で複数ディスプレイを使用する際のHiDPIサポートを強化。
More frontend development features

More frontend development features

Rider continues to expand the functionality that it inherits from WebStorm and provides out of the box.

This update supports the latest TypeScript 2.7 features, improves the Implement Members action, and adds a new Surround with type guard quick-fix for unresolved properties.

Courtesy of our great colleagues on the WebStorm team, configuring package managers in Rider is now much easier. In Node.js and npm preferences, you can select between npm and Yarn and then have Rider use the preference when installing dependencies and running scripts. If you open a new project with a yarn.lock file, Rider will use Yarn in it if it's installed.

The Rename refactoring for classes now offers renaming a file if it has the same name as the class.

Ctrl/Cmd-click on a class name in HTML will navigate to its declaration in Sass, SCSS, or Less source code. In addition, code completion will suggest classes and IDs from all style sheets if there are no matching symbols in the linked CSS file.

部分Gitコミットのサポート

バージョン管理の改善

Everyone knows that small commits make it easier to review and track changes, and roll them back if something went wrong. Partial Git commits (git add -p) let you easily commit only selected changes from a file. コミットしたいコードチャンクを選択するには、Commit Changesダイアログの Diffペインのチェックボックスを使用してください。 Also, change markers in the left gutter let you move a change to any existing changelist or create a new one.

There's now a new Group by icon available in the Local Changes tab in the Version Control tool window, which allows you to group local changes by their directory, module, or repository.

In addition, Rider now highlights hashes in the commit details, and allows you to one-click jump to this commit in the Log tab.

Finally, Abort Rebase, Continue Rebase, and Skip Commit actions are now available from the Git Branches pop-up.

Ideolog plugin

その他の変更

Smaller changes in Rider 2018.1 include:

  • New MSTest settings dialog: File | Settings | Build, Execution, Deployment | Unit Testing | MSTest.
  • New customization settings for C# Interactive: set focus to tool window on open/Send Line, or move the caret down on Send Line (adjustable in Settings | Language & Frameworks | C# Interactive).
  • The Ideolog plugin is available for download from the IDE: go to Settings | Plugins | Install JetBrains plugins…
  • The Scratches view is working as expected with a fully-fledged context menu.
ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2017.3

サードパーティのコードをデバッグ

サードパーティのコードをデバッグ

Sometimes, you want to debug an assembly that you don't own source code for: a control library or a legacy module that doesn't quite work as expected. Other times, you just want to know better how the .NET Framework operates.

Rider 2017.3 makes debugging external code an automatic, pain-free process. You can now step through and set breakpoints in assemblies that Rider decompiles on-the-fly. Rider already had both a .NET debugger and a .NET decompiler inside, we just had to make them interoperate seamlessly, which we did.

Whenever you're only interested in debugging your own code, you can change debugger settings to make it step over any library calls.

To learn more, see Debugging third-party code with Rider.

Smart Step Into(スマートステップイン)

Smart Step Into(スマートステップイン)

Debugging method chains and nested method calls gets way easier with a new debugger action, Smart Step Into.

The action helps you choose a particular call to step into, while stepping over all other calls in a line. For example, when debugging a line like Print(Filter(people, BuildPredicate(x => x.Feature, "smth")));, you can pick to specifically step into Filter().

To learn more, see Smart Step Into debugging in Rider.

Debugger shows return values in Variables view

Return values in locals

Following popular demand, Rider learns to display function return values in the Variables view (a.k.a "locals") of the Debug tool window as you step through your code.

This is useful when the result of a method call is not stored in a local variable, for example when the method returns another method's return value, or when using method chaining.

To learn more, see Async call stack and more debugger improvements in Rider 2017.3.

More debugger improvements

Debugging in Rider has improved in many other ways, such as the following:

  • You can now drag-and-drop the execution pointer to an earlier or later location in code, letting you retry or skip certain logic without having to restart the application.
  • Callers of async functions are now displayed in the Frames view, restoring the async causality chain.
  • Debugger actions like Force Run To Cursor and Set Next Statement are now available via AltEnter during debugging sessions.
  • Code completion items in Variables and Watches views get a refreshed presentation.
  • Lambda expressions and extension methods are now supported when you debug Mono-based applications such as Xamarin or Unity.
  • Values of numeric types — decimal, float, double — are now evaluated and presented as expected.

To learn more, see Async call stack and more debugger improvements in Rider 2017.3.

New project wizard

New project wizard

Rider's UI for creating projects and solutions has been improved in many ways.

  • Project templates are now grouped by framework, with languages, flavors and target framework versions selectable in properties of each framework template.
  • Git or Mercurial repositories can be created along with new solutions.
  • You can search the wizard for a particular type of application or programming language.
  • More project templates are available by default, such as WPF Application and Unity Class Library.
  • Additional project templates based on dotnet new can be easily installed.

To learn more, see Project templates in Rider 2017.3.

Unit testing improvements

Unit testing improvements

Rider's .NET unit test runner gets a serious usability boost, as well as a set of new functionality:

  • Two new actions are available: Repeat Tests Until Failure and Rerun Failed Tests In Current Session.
  • All actions now respect the currently selected filter (such as Failed tests only). Filters themselves are now presented in a more compact manner: if a test status doesn't occur in the current test session, the filter for that status is not displayed.
  • Local shortcuts for unit test trees are introduced: for example, Del removes selected tests from a session, and AltShiftInsert creates a new session.
  • When you search for tests in the unit test tree, you can now find results in collapsed nodes.

To learn more, see Unit testing improvements in Rider 2017.3.

C# Interactive

C# Interactive

We have added a new C# Interactive tool window that helps you run C# statements without having to wait for compilation. This is a quick REPL-based way to draft code and get immediate feedback on what a given expression will return.

To start a new interactive session, open the tool window directly, or send a code selection from the code editor via AltEnter.

To learn more, see C# Interactive in Rider.

Unity support improvements

Unity support improvements

In addition to the new Unity Class Library project template mentioned above, the Unity plugin receives an array of all-around improvements:

  • New context actions to annotate fields as serializable or not serializable, as well as to convert auto-properties to properties with serialized backing fields.
  • New code inspections around Unity attributes, such as signature checks in methods marked with [PostProcessScene] and other Unity attributes.
  • Code completion starts to show Unity event functions at the top of the list, and works again before attributed fields.
  • Syntax highlighting and coding assistance are available in compute shaders in addition to regular shaders.
  • Unity debugger learns to break on user-unhandled exceptions, evaluate locals in coroutines and tasks, and reliably hit breakpoints when attached to local Unity processes. pdb2mdb is now integrated to enable the Mono debugger to handle assemblies that come with Windows-specific PDB files.
  • Quick Documentation pop-up provides links to external documentation for Unity symbols.
Config transformations

Web.config and App.config transforms

Rider learns to execute Web.config and App.config transformations that are commonly used to modify settings when packaging applications.

From the context menu, you can add a transformation, select a configuration that it is applied to (Debug or Release), and choose whether you want the resulting transform file to be nested under its parent in Solution Explorer.

To learn more, see XDT configuration transformations in Rider.

Reworked formatter

Reworked formatter

Similar to ReSharper, Rider's code formatting engine receives a major update. As a result, Rider learns to align code in columns and apply other new code styles. It also gets a way to disable or enable formatting for selected blocks of code with comments, or for entire files with EditorConfig.

To learn more, see:

More changes from ReSharper

Other updates that Rider received from ReSharper 2017.3 include:

  • Reworked Extract Method refactoring that supports returning tuples instead of out parameters when you're using C# 7.
  • New C# typing assists to add multiline comments, indent methods in chains, and surround code selections.
  • Support for tuples and documentation inheritance via <inheritdoc/> in VB.NET.
Running Karma tests

More frontend development features

Rider continues to expand the set of WebStorm functionality that it provides out of the box.

This release bundles a set of plugins for frontend developers that were formerly only available on demand, and weren't easily discoverable. This set of plugins includes support for TSLint, CoffeeScript, LiveEdit, Polymer and web components, Pug (ex. Jade), Handlebars, Karma, Stylus, AngularJS, spy-js, Gherkin, and Cucumber. (In related news, Vagrant plugin is now also available by default.)

Thanks to recent updates made by the WebStorm team, support for JavaScript, TypeScript, CSS and Vue.js gets a boost as well, and a preview panel is now available whenever you edit SVG files.

Finally, we have improved detection of package.json files in projects, which lets Rider suggest installing or updating npm packages in more cases.

Properties for .NET Core projects

MSBuild and NuGet

Rider's NuGet tooling learns to handle fallback folders, restore packages based on PackageReference directives in .csproj files, and ignore disabled NuGet package sources.

Speaking of its project system, Rider now provides UI to edit .NET Core project properties, and applies additional heuristics when dealing with linked files: it lets you choose between copying, moving files and adding links to them when you add an existing item, and suggests to exclude linked files from a project instead of deleting them from file system.

In a related change, we have enabled IntelliSense in .NET Core project files.

Reworked Docker run configurations

IntelliJ platform changes

Rider continues to take full advantage of its IntelliJ platform roots. In this release cycle, changes inherited from IntelliJ IDEA include:

  • Editor-based REST client based on scratch files with the .http extension. (The UI-based version of the REST client continues to be available, and even gets a few cosmetic updates.)
  • Version control updates including interactive rebase from Git log, preserving workspaces when switching between branches, and improved handling of Git and Mercurial merge commits.
  • Database updates: grouping data sources, XQuery/XPath coding assistance in .sql files via language injections, and more.
  • Docker support updates, most importantly revised Docker run configurations.
Nullチェック設定

設定

Rider's settings have been reworked in several ways:

  • You can now reliably export and import Rider settings via Import Settings, Export Settings and Manage Layers dialogs.
  • C# code style settings were extended with a Null Checking tab that helps choose a default null checking style in code that Rider generates for you.
  • Inspection severity configuration is now separated into per-language pages.
  • A new page with JetBrains Annotations settings was added under Inspection Settings.

その他の変更

  • Find Usages learns to work asynchronously to show available results while a search is still running, and offers a new grouping by usage type.
  • We have introduced a new Xcode keymap for long-time Mac users.
  • Designer files are now automatically regenerated on saving the associated .resx files.
  • Context menu on Solution Explorer nodes has been restructured for a clearer, more compact presentation of actions.
  • JetBrains annotations were ported to .NET Core, which makes entire categories of code inspections (nullability, LINQ, purity inspections) work more reliably.

パフォーマンスの改善

We have improved performance in many aspects, including:

  • Loading and reloading projects: thanks to a new asynchronous handling of MSBuild tasks, the synchronization stage of loading projects is now up to 5 times faster on large solutions that we used for testing.
  • Code completion performs faster on huge solutions.
  • In terms of debugging, the debugger launch time in some scenarios has been optimized, as well as rendering of large call stacks.
ダウンロード
無料30日間体験版

Rider 2017.2

.NET Core 2.0

.NET Core 2.0

Rider 2017.2 adds support for .NET Core 2.0 in addition to .NET Core 1.1.

All Rider's code inspections, navigation actions, quick-fixes and refactorings are now available for .NET Core 2.0. Rider can run and debug your .NET Core 2.0 projects, manage NuGet packages that are used in them, as well as run unit tests based on xUnit, NUnit or MSTest.

Inspect This menu for call and value tracking in Rider

Call and value tracking

We've implemented some of the most insightful features that ReSharper has to offer: Call Tracking and Value Tracking.

Where does this value come from? Where is this value used? What are the call trees that this method is involved in? Using the new Inspect This action (CtrlAltShiftA) in Rider, you can now figure this out. On member and parameter declarations, Call Tracking and Value Tracking actions are even directly available from the AltEnter menu.

Both features are currently available in C# and VB.NET.

Running MSTest-based unit tests from the editor

MSTest support

Rider's unit test runner already supported running and debugging xUnit and NUnit tests. With Rider 2017.2, based on popular demand, we are adding MSTest to the list of supported frameworks. This includes classic MSTest (a.k.a Visual Studio Testing Framework) as well as the emerging cross-platform MSTest V2.

MSTest V2 will work out of the box on Windows, Mac or Linux. As to classic MSTest, due to the way it's licensed, you need to have a Visual Studio instance installed on your machine in order to run classic MSTest-based tests in Rider. The path to Visual Studio needs to be configured in Rider settings under Build, Execution, Deployment | Unit Testing | MSTest.

Open folder or file with Rider

Open folder or file

Not all code is in a solution or project. With that in mind, we added a command to open an individual file or folder from the Rider start screen and the File | Open menu.

When you open a file or folder, you can use a lot of Rider features, including HTML/JavaScript/TypeScript support, version control, Go to File, Search Everywhere, as well as Find in Path.

Attach existing folder to solution

Attach folder to solution

Along with opening folders or files, Rider can now do something extra: attach any folder to a solution. This doesn't modify any project or solution files; instead, it simply makes the folder visible in Solution Explorer alongside your current solution.

This can be useful if you're working with a web application that has distinct frontend and backend parts, and they're maintained in separate repositories. In this case, attaching the frontend part to your .NET backend solution will let you edit both parts in Rider, without integrating the frontend into your solution structure.

Parallel stacks, lambda evaluation and more debugger updates

The Debug tool window gets a new tab: Parallel Stacks. When debugging multithreaded applications, it lets us visualize the various threads that are active while debugging, as well as their call stack. Hovering over a thread displays all child threads. From the toolbar, you can jump to the active frame. Double-clicking an entry in the call stack will jump to source. And when stepping through code, the diagram will be updated depending on threads that are being started/joined.

Rider's debugger now lets you add lambda expressions as watches. The debugger will evaluate and execute the expression, visualizing the results.

When debugging applications that have lots of variables, you may want to mark variables with custom colors. This can now be done using the context menu or with a shortcut. Marking a variable makes it really easy to discover where it's used, for example in fields of other objects.

Finally, we enabled adding watches for nested items, such as properties of a property of an object, or an element in a collection.

Transform Parameters refactoring

新しいリファクタリング

We keep adding more items from the broad set of refactorings originally available in ReSharper.

One of them is Transform Parameters. It lets you create a new class or struct and converts parameters of the selected method into encapsulated fields of the newly created type. After applying the refactoring, usages of parameters are converted into usages of properties of the type being created. This refactoring also allows getting rid of out parameters by introducing a tuple object return type.

Another new refactoring is Invert Boolean. It helps automatically invert a boolean member and transform true to false and rewrite all usages to invert the boolean logic.

Enabling C# 7.1 support in Rider

Code analysis updates from ReSharper 2017.2

Rider 2017.2 comes with ReSharper 2017.2 as its engine for providing .NET support. This means a number of features announced with ReSharper 2017.2 are now available in Rider.

Examples include improved support for C# 7.0 (including pattern matching and out variables), and initial support for C# 7.1. Rider now supports the default literal, tuple projection initializers, async main and pattern matching with generics. Simply reference the latest compiler package and make sure to set the language level in your project file. By the way, Rider can also detect if language features from a higher language level are used, and provide a quick-fix to make a switch.

Rider also adds some new code inspections around IEnumerable, and will check XML documentation inheritance to make sure it is valid. This ensures documentation in the IDE as well as generated API documentation is correct.

Code folding and documentation tooltips in F#

Evolving F# support

Rider 2017.2 comes with a series of new features and improvements around F#.

For example, it's now possible to work with .NET Core F# projects, for both SDK 1.0 and 2.0. For F# projects that use Paket instead of NuGet, Rider now disables its automatic NuGet restore on loading such projects. This ensures that projects like Fable load properly in Rider.

We've addressed a set of issues that you faced working with mixed C# and F# code bases, ensuring that F# code is exposed correctly in C# projects.

Rider now enables code folding in the editor. Pretty much any multi-line expression/statement can now be folded or unfolded.

We've also implemented the Comment with Block Comment action, which comments out the current selection with (* and *).

Looking up the documentation never hurts when writing code, and Rider now displays XML doc comments in a tooltip when hovering over documented code.

When you debug, Rider now supports evaluating expressions on hover, allowing us to inspect a variable from within the editor.

Bettere code highlighting in Unity shaders

Unity development

For game developers, we added support for debugging different Unity processes. You can now create a Mono Remote configuration to remotely debug standalone games, such as those running on an Android device. The IDE and debugger now also support working with modularized UnityEngine dll's.

In other notable Unity support news, we've significantly improved our ShaderLab parser, which results in better code highlighting in .cginc files and injected Cg fragments in .shader files. As an additional nice touch, Rider now highlights color values in ShaderLab files, and if you press AltEnter, you can modify the color using a color palette picker.

Generating Unity code is now easier, with file templates for new MonoBehaviour scripts, shaders and tests. Additionally, code completion and generation of event functions are now available in recent versions of Unity.

For mode details on Unity updates, see Rider blog.

JavaScript code arrangement settings in Rider

Better JavaScript and TypeScript support

Courtesy of a newer version of bundled WebStorm, Rider 2017.2 now offers richer support for JavaScript and TypeScript:

  • When you hover over an object while holding Ctrl, the inferred type for the object is displayed in a tooltip.
  • Reworked JavaScript code style settings allow configuring how to order members of a class, such as constructors, fields and methods. To apply these settings, use the Code | Rearrange Code command.
  • When using CSS modules and importing them into a JavaScript file, Rider provides code completion and navigation support for class names in that module.
  • Rider now detects tsconfig.json and takes it into account when analyzing TypeScript files.
  • Code completion and navigation for Angular Material attributes is now available.
  • When using webpack, Rider better understands complex configurations and properly resolves paths in import statements and import suggestions.
Reword a local Git commit

バージョン管理の改善

When you work with Git, Rider now lets you revert and reword local commits. To do this, use the context menu under the Log tab in the Version Control tool window.

From the settings under Version Control | Commit Dialog, you can now customize commit message rules and inspections. Do you put a blank line between the subject and the body? Should the maximum length of a commit message be defined? You can set these and similar rules. In addition, Rider provides quick-fixes for these rules, and reformatting code can also be done inside the commit message.

Make code changes directly from search results

Make changes from search results

In Rider 2017.2, we improved the way you work with results of a textual search using Find in Path (CtrlShiftF).

同一行からの検索結果が一緒にマージされるようになりました。 Also, the Preview pane now has a left-hand gutter that displays line numbers, navigation icons, context actions and local change markers. This makes it easy to make small changes directly from a search!

Unit test framework settings

More unit testing improvements

There's more than MSTest support in terms of unit testing in this release. Here's a few more highlights:

  • NUnit tests are now supported for full .NET Framework, .NET Core 2.0, and .NET Core 1.1.
  • All unit test providers now have their own settings pages where framework-specific settings can be tweaked. In addition, it's possible to disable frameworks that are not in use.
  • We've also made performance improvements for solutions that contain large test sets, as well as tests that produce a lot of output (including word wrap).
NuGet tool window in vertical layout

NuGet updates

A number of updates went into Rider's NuGet client. We're now using NuGet 4.3 under the hood, which brings full support for SemVer2 and .NET Core 2.0. Rider adds support for wildcard versions in package references, too.

When referencing packages that are not targeting .NET Core 2.0 (but are known to work with it), the AssetTargetFallback property can be used to define "fallback" target frameworks for project's dependencies. By default, .NET Core 2.0 projects will have this property set to net461, meaning that any NuGet package that is compatible with .NET Framework 4.6.1 or higher can be used without additional configuration. Rider now also includes initial support for this.

You can now install CLI tools packages right from within the NuGet client, without manually editing the .csproj file. For example, this is useful with Entity Framework Core's database migration commands from Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools.DotNet.

We made some UI changes as well: for example, you can now toggle position of the package details pane, which is useful if you prefer to keep the NuGet tool window vertically oriented. And when possible, package icons will be rendered in high DPI making everything look more crisp.

Descriptions of base members in the Generate dialog

その他の変更

Here's a short list of other notable changes in this Rider release:

  • More and better code completion suggestions in CSS, JavaScript, TypeScript, .config, .csproj and XML files.
  • Improved Multi-line completion: for instance, import completion in C# is now available when you invoke code completion with multiple text carets set.
  • When generating code, such as overriding or missing members, Rider now shows descriptions of base members that are being overridden or implemented.
  • Import and export of all global settings is available, including both settings coming from ReSharper and the IntelliJ platform.
  • Solution-wide analysis (SWEA) is automatically paused during NuGet restore when running it doesn't make a lot of sense.
ダウンロード
無料30日間体験版