Riderを使ってC#を書くと、私は幸せになれます。 私は、実際に問題なく動作するコードリファクタリングツールを初めて見ました。 そんなツールに頼ることができるなら、驚くべきことです。

ヨアヒム・アンテ、
Unity CTO & 創設者

パワフルなクロスプラットフォーム
C#エディタ

JetBrains Riderは高速でパワフルな C#エディタで、 Windows、Mac、Linux上で動作するUnity用です。 2500種類以上の強力なスマートなコード検査とリファクタリングを備えたRiderは、C#の開発エクスペリエンスを強化し、誤りのないコードをより速く書けるようにします。

Unityで簡単にスタート

RiderにはUnityのサポートが組み込まれています。Unityのソリューションを開くと、Riderは、C#スクリプトとシェーダーファイル用のデフォルトエディタとしてRiderを使用するようにUnityを自動的に設定します。 設定完了後、C#スクリプトまたはシェーダーアセットをダブルクリックすると、Riderのソリューションが開きます。

Unityで簡単にスタート

Unityエディタをコントロール

双方向通信が組み込まれているため、Play modeに切り替えて、Riderから一切離れることなく1つのフレームを一時停止したり、ステップ実行したりすることができます! ツールバーにはUnityエディタの同じボタンに対応し、Unityエディタと同じ動作を制御するPlayPause、およびStepといったゲームビューボタンが含まれています。 ステータスバーの小さなUnityアイコンは、Unityエディタが接続されているか、リフレッシュしているか、またはPlay modeになっているかを示します。 Edit modeでRiderに適用された変更は、即座にUnityエディタに送信されます。

Unityエディタをコントロール

コードヒント

Riderは、C#に対応した一流のコード解析を提供します。これには、Unity固有のコード検査とそのためのクイックフィックスが含まれます。

例えば、Riderはtagプロパティによる非効率な文字列リテラル比較を使用している箇所を警告し、該当部分を CompareTagの呼び出しに書き直すためのクイックフィックスを提供します。

同様に、Riderは、MonoBehaviourまたはScriptableObjectから派生するクラスの新しいインスタンスを作成するためにnewキーワードを使用しようとした場合に警告を表示します。 AltEnterを押すだけで、Riderに問題を解決させることができます。

Unity用のコードヒント

簡単にUnityをデバッグ

Riderは、Unityエディタで実行されるC#スクリプトのデバッグを非常に簡単にします。 すべてがすでに構成済みです。あとはただ、Debugツールバーのボタン、メニュー項目、またはキーボードショートカットを押すだけで、実行中のUnityエディタにデバッガを追加できます。 エディタでブレークポイントを設定したり、コードをステップ実行したり、ローカルを見たり、値を見たり、式を評価したりできます。

Riderを使用すると、デバッグ情報がないコードをデバッグすることもできます。 Riderはその場で自動的に外部ライブラリをデコンパイルします。これにより、デコンパイルされたコードをデバッグし、関数にステップインし、ブレークポイントを設定し、ローカルと変数を表示して設定できます。

RiderでUnityのデバッグ

Unityテストを実行する

Riderでは、UnityのAPIとやりとりするテストを実行することができます。すべてRider内から単一フレームをステップ実行できます。 またもちろん、通常のテストと同じように、Unity固有のテストの結果を調べることができます。結果でフィルタリングし、スタックトレースをクリックしてコードをナビゲートすることができます。

Unityコンソールログ

リンクされたスタックトレースを持つUnityログツールウィンドウでは、Unityエディタコンソールに記録されているものと同じイベントを探索できます。 これにより、カテゴリ別(エラー、警告、またはメッセージ)にフィルタリングしたり、記録された時間に基づいてイベントを非表示にしたりすることができ(PlayまたはEditモード)、また、ログエントリに記述されているソースファイル、クラス、メソッド、またはプロパティに簡単にナビゲートできます。 Unity Logsは、Playモードに切り替わるたびに、自動的にその出力を消去します。

RiderでUnityユニットテストを実行

パフォーマンスのハイライト表示

Riderはパフォーマンスに優れたUnity C#のコーディングを支援します。 そのため、Updatecoroutinesのような、各フレームで呼び出されるコストの高いUnity APIの内部メソッドをハイライト表示します。 Riderはコストの高いUnity APIを間接的に使用するメソッドの呼び出しもハイライト表示します!

さらに、Riderは多数のUnity専用のパフォーマンスインスペクションや、対応するクイックフィックスを提供しています。 また、パフォーマンスの低下を引き起こすコードパターンを認識し、それらに対して別のAPIやオーバーロードの使用、あるいは値のキャッシュなどの自動修正を提案できます。

Performance critical context

Unityファイル内の使用箇所を検索

Find Usagesの対象に、Unityのシーン、アセット、プレハブが追加されました。 イベントハンドラとして使用されるクラスやメソッドを検索する際、Riderは型、コンポーネント名、親のゲームオブジェクトごとにそれらのUnityファイル内での使用箇所を表示します。 さらに、項目をダブルクリックすると、その使用箇所がUnityエディタ内で直接ハイライト表示されます

また、RiderはUnityファイルからこの情報を抽出することで、暗黙的に使用されているイベントハンドラのメソッドをハイライト表示します。 暗黙的な使用箇所のハイライトはCode Visionのリンクに変換されるため、Unityが暗黙的に使用しているクラス、メソッド、フィールドを一目で確認できます。 また、リンクをクリックするとUnityファイル内の使用箇所も検索できます。

Unityファイル内の使用箇所を検索

シェーダーサポート

また、Riderは.shader ファイルのサポートを追加し、シンタックスハイライト、コードの折りたたみ、ブレースマッチングなども備えています。 ShaderLabセクションのシンタックスエラーがハイライトされ、 todoコメントは、To Do Explorerに取り込まれ、カラープロパティは編集用のカラーピッカーによりハイライトされます。 Cg/HLSLブロック内など、ファイル全体を通してシンプルな単語補完が可能です。

Riderのシェーダーサポート

Unityドキュメントを見る

RiderはUnityシンボル用の外部ドキュメントを表示します。 Quick Documentationポップアップからアイコンをクリック(Visual Studioキーマップを使用している場合はCtrlShiftF1)するか、View External Documentationアクション(ShiftF1)を直接使用して、ローカルにインストールされているドキュメント、もしくはそれが利用不可能な場合はUnityがホストしているドキュメントに移動できます。

Unityドキュメントを見る

JetBrains RiderでのUnityのサポート状況をVisual StudioおよびVisual Studio for Macと比較してください。

Unity開発用のスマートなクロスプラット
フォームIDEをお試しください

無料30日間体験版

機能

コード解析&クイックフィックス

Riderは2500種類以上のライブコード検査を誇り、検出された問題を個別に、または一括して解決するための1000個以上の自動クイックフィックスを備えております。 ソリューション全体のエラー解析は、コードの問題を監視し、現在開いていないファイルであっても、問題があった場合に通知します。

コードナビゲーション

コードベース内のあらゆるファイル、タイプ、またはメンバーに即座にジャンプ、設定やアクションを見つけることが可能です。 シンボルの使用法を見つけたり、シンボルからベースシンボル、派生シンボル、拡張メソッド、または実装へとナビゲートできます。

リファクタリング

Riderは、50個以上のグローバルな自動リファクタリングと、ローカルコード変換用の450個以上のより小さなコンテキストアクションを提供いたします。 リネーム。メソッド、インターフェース、クラスの抽出。型の移動とコピー。代替シンタックスの利用、その他多数。

さらに…

単体テストのサポート、コードのクリーンアップ、統合されたバージョン管理、コミット間のコードを保存できるローカル履歴、NuGetサポート、データベースツールなどがございます。 Riderは、MarkdownサポートからVIMキーボードバインドまで、プラグインを活用して簡単に拡張できます。

お客様

間違いなく最高のMac用のUnity IDEです。 例えようのないデバッグとリファクタリング機能。

— Erin Keenan、エンジニア、N3tworkモバイルゲーム会社

すでにRiderをご使用の企業の皆様に加わって、Unityゲームをご開発ください。

ダウンロード

仕事用に適切なツールを所持することは、あらゆる市場、特にゲーム開発の競走で優位に立つためにとても重要なことです。 Yakutoでは、各開発者がJetBrains Toolboxサブスクリプションを持っています。生産性を上げるために非常に貴重なものであると私たちは感じています。 私たちは主にMacでC#で作業しています。 以前、ReSharperを実行するVMを意味していましたが、Riderを活用することで、私たちは1つのOSにネイティブ対応できます。これは凄いことです。 ユニティデバッグはシームレスになり、拡張機能にはユニティ対応の重要なコンテキストが追加されています。 ReSharperのベテランとして、私はRiderに完全に自信を持っています。リファクタリング、ソリューション全体の解析、テストランナーなど、すべてが備わっています。 RiderがなかったらC#開発は考えられませんでした。

— James Gratton、CTO、Yakuto