機能一覧

このセクションでは、DataGripでご使用いただける機能の概要をご説明いたします。 この内容は、IntelliJ IDEA Ultimate、PyCharm Professional、PhpStormRubyMineCLionAppCodeGoLandRiderで使用されるデータベースプラグインとも関係があります。 詳細については、ドキュメントページをご覧ください。

データベースの探索

DataGripは複数のエンジンに対応したデータベース環境です。 DBMSにJDBCドライバが用意されていれば、DataGripから接続できます。 これは、サポート対象のエンジン用のオブジェクトを作成・変更するためのデータベースイントロスペクション機能とさまざまなツールをご提供しています。

データベースオブジェクト

DataGripはデータベース内の全オブジェクトを解析し、それらをスキーマごとにグループ化されたフォルダに表示します。 また、テーブル、カラム、インデックス、制約などの追加や編集に対応したUIも提供しています。

詳細情報

データエディタ

強力なデータエディタを使って、データ行の追加、削除、編集、複製を実行できます。 外部キーでデータ間を移動し、テキスト検索を使って、データエディタに表示されるデータ内のあらゆるものを検索できます。

詳細情報

ナビゲーション

クイックナビゲーションを使うと、コード内で作成したてのオブジェクトにも、データベースから読み込み済みのオブジェクトにも移動できます。 シンボルへのナビゲーションアクションでは、オブジェクトを名前で検索できます。

詳細情報

SQLのコーディング

まっとうなIDEなら当然そうあるべきですが、DataGripはスマートなコード補完、コード インスペクション、オンザフライのエラーハイライト表示、クイックフィックス、リファクタリング機能を備えています。 これらの機能を使って SQLコードのコーディング効率を高めることで、時間を節約することができます。

スマートテキストエディタ

他のIntelliJプラットフォームIDEと同様、DataGripには生産性を高めるコードエディタが付属しています。 コードブロックの変換や移動、複数のカーソルによる選択箇所の管理、特定のスタイルに準拠したコードのフォーマットなど。

詳細情報

コード補完

DataGripはコンテキスト依存型のコード補完を提供し、SQLのコーディングを高速化します。 テーブル構造、外部キー、さらに、編集中のコードで作成されたデータベースオブジェクトさえも認識して補完します。

詳細情報

コード生成

一般的なコードを手動でコーディングする必要はもうありません。DataGripにその作業をお任せください。 これは、UIに基づいて、テーブル、カラムなどのオブジェクトを変更するコードを生成します。 さらに、テーブルのDDLを取得し、結果セットからDMLクエリを取得するのに役立ちます。

詳細情報

コード解析&クイックフィックス

DataGripはSQLコード内で発生しうる潜在的なバグを検出し、それらを即時修正するための最適な選択肢を提案します。 未解決のオブジェクト、キーワードを識別子として使用している箇所について直ちに通知し、常に問題の解決方法を提案します。

詳細情報

リファクタリングと使用箇所の検索

DataGripはSQLファイル内のすべての参照を適切に解決いたします。 SQL内のデータベースオブジェクトの名前を変更する際、それらはデータベース内でも名前が変更されます。 テーブルがどのストアドプロシージャ、関数、ビューで使用されているかを素早く確認できます。

詳細情報

外観のカスタマイズ

DataGripでは明るい外観のテーマと暗い外観のテーマを用意しています。 各テーマは完全にカスタマイズ可能なため、ご自分に最適なテーマを作成できます。 同様に、10種類以上の事前設定済みキーマップもカスタマイズできます。

詳細情報

クエリの実行

DataGripのクエリコンソールは、あらゆるSQL開発者様にとって基本的な必需品です。 それぞれ独自のスキーマとクエリオプションを持つ、複数のコンソールを作成できます。

クエリコンソール

クエリの実行に対するコンソールの動作を指定できます。最小ステートメントから最大ステートメントまで、実行したいものを選択してください。

ローカル履歴

各コンソールではスキーマを切り替え可能で、ローカル履歴にすべての操作内容を記録し、作業内容の喪失を防ぐことができます。

差分ビューア

差分ビューアを使用すると、ローカル履歴内の2つのコンソールスナップショットや2つのクエリ結果を比較できます。 DataGripはそれら2つの差分をハイライト表示し、許容誤差パラメータで比較条件のレベルを調整できるようにしています。

インポート・エクスポートオプション

CSVまたは任意のDSVファイルからデータをインポート。 また、DataGripにはさまざまな形式でデータをエクスポートできる強力なエンジンが備わっています。 独自のエクスポート形式を作成することもできます。

CSVのインポート

CSVおよびTSVファイルをデータベースにインポートするための専用のUIを用意しています。 インポート対象ファイル内の各カラムをデータベース内のテーブルのカラムにマッピングできます。これは、既存のテーブルでも、インポート処理中に作成されるテーブルでも構いません。

テキストとしてエクスポート

テーブルや結果セットは、CSV、JSON、XML、HTMLなどさまざまな形式でエクスポートできます。 独自のエクスポート形式を作成することもできます。

クエリとしてエクスポート

任意のテーブルや結果セットは、一連のUPDATEまたはINSERTステートメントとしても表現できます。これは、データの変更に役立ちます。

その他の機能

その他、DataGripにはユーザーパラメータの対応、CSV エディタ、 ダイアグラムビルダー、バージョン管理の対応などその他多数の機能があります。

ユーザーパラメータ

DataGripはパラメータ付きSQLクエリの実行をサポートしています。 正規表現を使用してあなた独自のパラメータパターンを追加し、それらのパターンを適用するSQLダイアレクトを選択できます。

VCSサポート

DataGripは多くの一般的なバージョン管理システム向けに統合UIを提供し、 Subversion、Git、GitHub、SVN、Mercurial、CSV、PerforceおよびTFSで 一貫した使い心地を実現しています。

ダイアグラム

詳細なダイアグラムで、テーブルとそのリレーションシップ(関係)を表示できます。